鉄道

2008.08.13

けっこう遠くまで見てきた

今やすっかりライフワークと化した、デイリーポータルZちょっと見てきて。青春18きっぷシーズンになったこともあって、ちょっとばかり遠めの所に足を伸ばしてみました。

今回まず最初に行ったのが、駅東駅公園の機関車という投稿。場所は東北本線小山駅のすぐ近くということもあって、18きっぷで行くにはうってつけの場所です。水戸線の上り始発に乗って、小山駅に着いたのは早朝6時13分。少々早すぎる気もしますが、他にも行く所があるので時間と18きっぷはは有効に使わねばなりません。

さっそく小山駅の東口に降り立つと、駅東公園までは徒歩10分足らず。公園の裏口とおぼしき所から入ると、一見、SLは見あたらず。しかし木陰に何やら大きめの建物が見えるので近づいてみると、果たしてC-50小山号という看板が掲げられていました。屋根付きで保存されているというのも恵まれた環境ですが、実際、保存状態も良さそうでした。つうことで、記録写真を何枚か撮影。

20080812imgp0649 20080812imgp0660 20080812imgp0645

20080812imgp0650 20080812imgp0657


最初の課題をクリアして、次に向かうのは崖の上の駅という、最近公開になった某映画のような投稿。つうか、根府川駅の事なんですけどね。この投稿については、すでに何件も見てきた!投稿があるのですが、写真の見ているうちに自分でも行きたくなりまして。根府川は鉄ちゃんには有名な撮影地ですし、高校1年の時に来てまして、通るだけなら最近も何度か通ってますが、駅で下車したのは実に23年ぶり。なのに、当時と雰囲気があまり変わっていない気がします。

ただし、ちょっと色気を出して静岡県に足跡を残そうと熱海まで行ったため、当初の滞在時間が大幅に少なくなって、30分ほどで折り返さねばならなくなってしまいました。そのため、ほぼ駅撮りしかできず、最初考えていた根府川鉄橋の写真は撮れませんでした。まだ18きっぷも残っているので、もう少し時間が取れる計画で、またリベンジしてみたいと思います。

そうそう、かつての根府川駅と大きく違う所と言えば、駅が無人化されたことと、近くに出来たヒルトン小田原リゾート&スパの送迎バスが停まっていたこと。天下のヒルトンホテルの割にリーズナブルらしいため人気があるのか、お客を何度も送り迎えしていました。

20080812imgp6344 20080812imgp6356 20080812imgp6375

20080812imgp6349 20080812imgp6353 20080812imgp6351

てな感じで、今回のお題は2箇所で終了。と言うか、本来の目的は月イチの通院で福島県いわき市の病院へ行くことだったんでね! まあ、静岡県経由で福島県に行こうというヤツは、他にいないだろうな。

本当はもう1件、茨城県内の投稿も攻略するつもりだったんだけど、駅から少々遠かったので、こちらはまたの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.05

さよなら騰波ノ江駅

騰波ノ江駅:取り壊しへ 28日にお別れ会、事務室の一部を開放--関東鉄道 /茨城
(毎日新聞 2008年6月5日 地方版)


関東の駅百選にも選ばれたこともある騰波ノ江駅が、老朽化のために解体されることになった。ローカル線の風情たっぷりの、いかにも田舎の木造駅ということで、映画やCMにも使われていたが、その姿ももう見納めとなる。

駅の開業が1926(大正15)年だから、82年前の建物になる。1999年から無人化されてるし、人の住まない建物は朽ちるのが早いですからね。最近は防災の面でも何かとうるさいから、仕方ないんでしょう。

6月28日(土)に関東鉄道さよならイベントをやるらしいので、行けたらちょっと行ってみましょうかね。

20040829sany0062
2004年8月29日撮影

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.06.04

その後の鹿島鉄道19とついでにちょっと見てきた

久しぶりに鹿島鉄道の廃線訪問に行ってきました。これまでと大きく変わった様子は無かったけれど、今まで寄らなかった駅も含めて、なるべく多めにまわってみました。
つうことで、今回は写真かなり多めでお送りします。

石岡
跨線橋の解体工事もすでに終わり、跡地はすでに駐車場として運用している。敷地の奥の方に工事事務所が建っていたが、前回来た時からあったかどうかは覚えていないので不明。
20080528img_3633 20080528img_3635 20080528img_3638

20080528img_3634 20080528img_3636


石岡南台
こちらも特に変化は無し。待合室と跨線橋はベニヤで塞がれたまま。あちこちに廃線直前の関連物が散見される。使われなくなったためか、近代的な様相の割に荒れてきている。
20080528img_3641 20080528img_3643 20080528img_3644

20080528img_3645


東田中
廃線時からほとんど変わらず。駅名表示板は取り外されているが、掲示板に代わりの印刷された駅名表示板(ラミネート済み)が貼られている。駅前のタイ焼き屋も健在。
20080528img_3646 20080528img_3648 20080528img_3653

20080528img_3649 20080528img_3650 20080528img_3647


玉里
上りホームの待合室が移設された以外は、以前と大きく変わらず。ワンマン運転用のミラーも残されていた。列車時刻表も往時のまま。
20080528img_3656 20080528img_3658 20080528img_3660

20080528img_3659 20080528img_3661 20080528img_3662 20080528img_3663


新高浜
廃線前も含めて、実は駅のホームに立つのは初めてだったりする。元からホーム一本のみの簡易駅なので、廃線となった今もほとんど変わっていない。
20080528img_3668 20080528img_3669


四箇村
こちらも廃線前とさほど変わらず。待合室は、バス利用者の駐輪場になっているようだった。
また、以前見た時に地鎮祭をしていた場所には、ヘアーサロンができていた。よく見ると木の素材を使った塀や入口の泥落としが、古い枕木だった。廃材利用と思われる。
20080528img_3674 20080528img_3676 20080528img_3671 20080528img_3673


常陸小川
工事中だった待合室は完成していて、バス待ちしているお客さんが利用していた。ここは利用者がけっこういるらしく、バスがなくてもよく乗客を見かけた。
20080528img_3678 20080528img_3682


小川南病院と小川高校下
動態保存されているキハ432は、ときどきメンテされているのか、コンディションは良さそうだった。
小川高校下の付近は車を停めるのが難しいので、ここから望遠で狙った。遠目では特に変わった様子もなし。
20080528img_3683 20080528img_3684 20080528img_3686
 
 
桃浦
現存する木造駅舎としては唯一の駅だが、廃材置き場になってからも久しい気がする。と言うことで、以前と変わらず。
20080528img_3687 20080528img_3688 20080528img_3689



ここも大きな変化は無いが、日当たりが良いのか風通しが良いのか、線路の雑草の伸び方が激しいような気がする。ホームの奥は民家に繋がっており、ここの家が通り道にしているのか、綺麗に草刈りされていた。
駅の周辺は、以前のようにキバナコスモス(?)が咲き誇っていた。
20080601img_3829 20080601img_3830 20080601img_3831

20080601img_3832 20080601img_3833 20080601img_3828

20080601img_3836 20080601img_3837 20080601img_3843


玉造町
駅舎も解体され撤去レールも搬出され、当時と変わらないのは公衆便所と観光案内板だけ。その案内板の鯉も、鯉ヘルペス事件で養殖が無くなってしまったので、今では名産と言えなくなってしまった。
そう言えば、ここのバス待合室は、常陸小川より小振りだけど近代的なことに気付いた。
20080601img_3794 20080601img_3793 20080601img_3795

20080601img_3797 20080601img_3798 20080601img_3796


吉田屋
吉田屋には玉造駅のホームにあった待合室が移設されている。今は物置か何かに使われているようだった。窓に駅名表示板が見えたので、以前売られていた駅名表示板のミニチュアかと思ったら、写真をプリントしたものだった。ちなみに場所はベイシア玉造店の隣。
20080601img_3799 20080601img_3800 20080601img_3801

20080601img_3802


霞ヶ浦ふれあいランド
霞ヶ浦ふれあいランドには浜駅の待合室が移設されている。こちらも物置として活用されてるっぽかった。設置場所は物販所の裏なので、少々分かりにくいです。
20080601img_3825 20080601img_3827 20080601img_3826

ここに来たついでに、おなじみ「ちょっと見てきて」の茨城ネタを消化してきました。科学万博で展示されていたという、三連水車を撮ってきました。
20080601img_3811 20080601img_3815 20080601img_3822

20080601img_3820 20080601img_3821 20080601img_3805


榎本
以前来たのと同じ、駅前が立ち入り禁止になったまま。遠くから覗くのみ。線路もホームも変わっていないようだった。
20080601img_3790 20080601img_3791 20080601img_3792


巴川
旧貨物線跡へ行く柵が外されていた。もしかしたら、最近廃材の搬入か搬出があったのかも。それ以外は変化が無いように見えたが、信号ケーブル用の側溝のフタが開いていたのと、駅構内の枕日の犬釘が途中まで抜かれていたのに気が付いた。気が向いた時しか寄らなかったので、かなり前からそうなっていたのかも。
20080601img_3779 20080601img_3780 20080601img_3781

20080601img_3782 20080601img_3783 20080601img_3788


鉾田
鉾田駅保存会が活動されているので、いろいろと整備されている。今は保存会所有となっているキハ601とKR-505には、窓に鉾田駅保存会の貼り紙が貼られていた。キハ601は前回、補修の途中だったが、今回は見違えるほど綺麗に仕上がっていた。KR-505もドア付近にサビが浮いてきているが、こちらもいずれ補修に入られるとのこと。
その他気付いたことは、
・キハ601の運転席にヘッドマークが飾られていた
・キハ601の説明看板が取り付けられていた
・次回公開日の案内看板ができた
・鉾田駅保存会のポストがあった
・鹿島鉄道時代の無料駐車場の、さらに奥が保存会の駐車場スペースになった
・簡易トイレが設置された(イベント時のみ使用)
など。
01_20080601img_3754 02_20080601img_3740 03_20080601img_3750

04_20080528img_3724 05_20080601img_3748 06_20080601img_3747

07_20080601img_3762 08_20080601img_3765 09_20080601img_3777

10_20080601img_3770 11_20080601img_3775 12_20080601img_3742

13_20080601img_3745 14_20080601img_3759 15_20080528img_3732

鉾田駅保存会の方々は、毎週のように活動されているようです。こちらも手伝いたいのはやまやまだけど、まずは自分の生活をなんとかしなくちゃならないんで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.04

その後の鹿島鉄道18

廃止から1年たちました。沿線も大きく様変わりしたところと、あまり変わらないところに二分されてます。特に最初の半年間はかなり活発に工事等が行われていたけど、最近は線路の撤去作業もストップしたまま。まあ、こちらものんびりと観察を続けていくつもりです。
今回は3月30日と4月1日に見てきた様子をまとめてみました。
 
 
鉾田駅
前日に鉾田駅保存会が主催の廃線一周年イベントがあったため、キハ601が従来の留置場所からホーム先へ移動していました。これは、駅のロータリー側から撮影しやすいようにとの配慮で、この場所に持ってきたとのことです。当日はKR-505もホームに移動したらしいのですが、この日はいつもの留置線に置かれてました。
キハ601の周囲にはタイガーロープが張られ、運転席扉はチェーンでしっかり施錠されていました。昨今の鉄道がらみの盗難騒ぎを考えれば、当然の処置でしょう。KR-505も同様です。キハ601は補修中らしく、あちこちにパテが盛られています。昨年まで現役最年長だったことを考えれば、あちこちにガタが来ているのも当然です。作業にあたられる保存会の方々には頭が下がります。
20080330imgp0283 20080330imgp0282 20080330imgp0285 

20080330imgp0292 20080330imgp0290 20080330imgp0287 

20080330imgp0297 20080330imgp0299 20080330imgp0302
 
 
榎本駅
駅前ロータリーの入口が封鎖されていました。これまでも工事があったときに、何度か封鎖されていましたが、今は工事が一通り終わっているようなので、恒久的なものになるかもしれません。
20080330imgp0303 20080330imgp0304 20080330imgp0305

また以前、榎本-玉造町間の線路脇にあった枕木は、すべて撤去されていました。駅でも何でもない土地だったので、撤去工事時に土地を借りて作業場にしていたのでしょう。しばらく前から榎本駅に廃材が置かれていたので、そのときにここへ持ってきたのかも。
20080330imgp0306 20080330imgp0307
 
 
玉造町駅
前回来た時と大きな変化はありませんでしたが、客待ちのタクシーが1台もありませんでした。日曜だったからかもしれませんが、そもそもお客がいるのか?と疑問に思っていたので、もう客待ちしていないのかも。ただし、子供と別居している高齢者向けに多少の需要はあるはずだから、その場合は呼び出しで対応するのでしょう。
20080330imgp0308 20080330imgp0311
 
 
常陸小川駅
旧駅舎跡の場所に、屋根付きの小屋?が出来ていました。まだタイガーロープで入れないようになっていたので、出来たばかりなのかもしれません。割と大きめですが、隣にベンチが3台置かれているので、駐輪場との兼用ではなく、待合室専用になることも考えられます。
20080330imgp0312
 
 
石岡駅
跨線橋の解体工事は完了し、もともと鹿島鉄道への連絡部は後付けしたような形だったので、跨線橋が非常にすっきりしていました。鹿島鉄道側のホームも整地されましたが、西口と東口の連絡歩道橋の橋脚部分のみ、ホームが残っています。なお、ホーム跡は10台分の駐車スペースになっていました。
20080330imgp0315 20080330imgp0317 20080330imgp0318 

20080330imgp0323 20080330imgp0319 20080330imgp0321
 
 
小川南病院
キハ432の保存先として有名ですが、3月30日にイベント・かしてつ同窓会があったのを知ったのは、翌31日の新聞記事でした。記事に載っていた写真を見ると、周辺もかなり整備されたようだったので、4月1日になってから改めて行ってみました。
まず最初に目に付いたのは、乗車用の短いホームができていました。駐車場側と、反対の新しくできた訪問介護の施設側から出入りできます。ホームは扉の所までで、片面全部ではありません。その奥には信号機も設置されており、鹿島鉄道が撤去したものを譲ってもらったのかも。
その他は、ホームの入り口に注意書きの立て看板と、車両の両側に街灯が設置されました。車両の周囲はタイガーロープが張られており、イベント等以外は立ち入り禁止になってます。
また、ブルーシートで覆われた物体が駐車場側に置かれていました。中身は分かりませんが、先日のイベントで使われたステージかもしれません。
20080401imgp0330 20080401imgp0335 20080401imgp0334 

20080401imgp0338 20080401imgp0332 20080401imgp0339 

20080401imgp0340 20080401imgp0342
 
 
5月4日にまた鉾田駅保存会の活動があるらしいので、田植えが終わっていれば様子を見に行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.29

その後の鹿島鉄道17

間もなく廃線から1年経つが、今年最初の訪問は20日と27日に分けて行ってきた。単に家を出るのが遅くて、それぞれ半分くらいしか回れなかっただけですが。年が明けていくつか動きがあったので、とりあえず気が付いたものからご報告。


石岡駅
20日の時点で、鹿島鉄道のホームと跨線橋が解体工事中だった。階段はすでに解体済みで、そのホーム部分も撤去されている。階段側から跨線橋の天井と壁が剥がされ、そのすき間から乗り換え案内の看板が見える。石岡駅構内にあった踏切は、道路の部分から線路が撤去され、舗装しなおされている。
20080120imgp4089 20080120imgp4093 20080120imgp4095 20080120imgp4098

20080120imgp4083 20070120imgp4085 20080120imgp4094

20080120imgp4096

石岡南台駅
待合室の入口と跨線橋の階段がベニヤ板で塞がれていた。以前来た時には無かったと思うが、すでに数ヶ月経過しているので、いつごろこうなったかは不明。その他は特に変わった様子もなく、柱に貼られたポスター等はそのまま。
また、今回は線路撤去部の境目を見てきた。場所は石岡南台から東田中方面へ、最初の踏切。ここから四箇村駅までは、線路が残っている。

20080120imgp4106 20080120imgp4100 20080120imgp4111 20080120imgp4110

20080120imgp4099 20080120imgp4101

東田中駅
特に大きな変化は無いが、廃止間もない頃に張られていた寄せ書きは無くなっていた。残っているのは鹿島鉄道オフィシャルのポスター類や運賃表のみ。
20080120imgp4112 20080120imgp4114 20080120imgp4117

20080120imgp4116 20080120imgp4113

四箇村駅
駅前にあった定食屋(?)は閉店し、売りに出されていた。その石岡側の空き地に地鎮祭の跡があったので、新しく何か建つ模様。他は特に変化無し。
20080120imgp4121

桃浦駅
相変わらず撤去資材置き場となっている。以前、来た時より増えたような気もするが、よく分からない。
20080120imgp4127

榎本駅
こちらも以前と同じように、駅前が撤去資材置き場となっている。防衛施設庁管理の旧パイプライン設備跡は、完全な更地になっていた。
20080127imgp0225 20080127imgp0226

巴川駅
久しぶりに来てみたら、旧貨物ホーム跡地に撤去資材が置かれていた。以前は無かったような気もするが、立ち寄ったのもかなり前なので、置かれるようになってずいぶんたっているかもしれない。
20080127imgp0221 20080127imgp0222

鉾田駅
さる1月25日に、キハ431が個人に買い取られて搬出されたとのこと。ここに留置されていた車両の中では、もう自走もできないほどになっており、解体も噂されていたので、こういう形でも存命できたのはラッキーだろう。トラック搬出の際に車両の入れ替えがあったらしく、石岡側がKR-505、鉾田側がキハ601になっていた。また、タイガーロープも張り直されたのか、ホームから車両までひとくくりだったのが、車両部分とホーム部分で別れていた。
20080127imgp0202 20080127imgp0203 20080127imgp0218

20080127imgp0216 20080127imgp0204 20080127imgp0209
 
 
 
20080127imgp0207

| | コメント (0) | トラックバック (0)