« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.10

ご報告

とりあえず、6月末よりパソコン教室の先生にジョブチェンジすることになりました。
一応、独立自営の方も地道に進めていく予定です。
目指せ、安定収入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・リアル・フォークブルース

このタイトルでピンときた人は、毎週月曜日の深夜、NHK BS2にかじりついていた人です(笑)。

つうことで、カウボーイビバップの放送が最終回を迎えました。テレ東の地上波放送に始まり、WOWOWの無料放送も含めて、たぶん3回目くらいの視聴です。そして恐らく、俺が菅野よう子を最初に意識した作品だったはず。サントラも全部買ったっけ。

アニメーションという表現方法ではあるが、その作風は「探偵物語」や「傷だらけの天使」なんかの70~80年代のハードボイルド作品と同じ臭いに溢れている。俺の場合だと「必殺シリーズ」が原体験になるか。

ストーリー、アクション、音楽が高度にミックスされて、エンターテイメントとしても一流だと思うけど、単なる娯楽に収まらない底の深さを感じるから、ビバップは何度も見ちゃうんですよね。

賞金稼ぎ達は、ハードだが自由気ままに暮らしているように見えて、実はみな過去にとらわれ、もがいている。それが或る意味、人間の真理のように思えて、たぶんそこに惹かれるんじゃないかと。俺にも少々、思い当たることがあるし…

だからですかねぇ。俺が未だに独りで、仕事をとっかえひっかえしてるのは。自由を謳歌していると言えば聞こえはいいが、金と女には縁がないしね。親には悪いと思うけど、そういう性分になっちまったから仕方がない。

そんな作品の、最後の最後に出てくるメッセージ。


YOU'RE GONNA CARRY THAT WEIGHT.


ビートルズの歌詞からの引用らしいけど、訳せば「君らもこれから人生の重荷を背負って行くんだぜ」って感じですかね。言い換えれば、「誰だって楽には行かないよ」ってことかと。

そう、俺も、ね。
なんかこう、身に染みます。

昨日は怒り、悲しみ、やるせなさで、どんよりした気持ちでしたが、それらを全部まるめて飲み込んで、俺達はリアルを生きていくしかないんですから。

今夜は久しぶりにインスピレイションでも聞いてから寝ようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.05

さよなら騰波ノ江駅

騰波ノ江駅:取り壊しへ 28日にお別れ会、事務室の一部を開放--関東鉄道 /茨城
(毎日新聞 2008年6月5日 地方版)


関東の駅百選にも選ばれたこともある騰波ノ江駅が、老朽化のために解体されることになった。ローカル線の風情たっぷりの、いかにも田舎の木造駅ということで、映画やCMにも使われていたが、その姿ももう見納めとなる。

駅の開業が1926(大正15)年だから、82年前の建物になる。1999年から無人化されてるし、人の住まない建物は朽ちるのが早いですからね。最近は防災の面でも何かとうるさいから、仕方ないんでしょう。

6月28日(土)に関東鉄道さよならイベントをやるらしいので、行けたらちょっと行ってみましょうかね。

20040829sany0062
2004年8月29日撮影

| | コメント (0) | トラックバック (2)

普段着

普段着
意外と着る人を選びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.04

ケータイ写真館

ケータイ写真館
夕暮れの水鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙人襲来

宇宙人襲来
アダムスキー形とは懐かしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後の鹿島鉄道19とついでにちょっと見てきた

久しぶりに鹿島鉄道の廃線訪問に行ってきました。これまでと大きく変わった様子は無かったけれど、今まで寄らなかった駅も含めて、なるべく多めにまわってみました。
つうことで、今回は写真かなり多めでお送りします。

石岡
跨線橋の解体工事もすでに終わり、跡地はすでに駐車場として運用している。敷地の奥の方に工事事務所が建っていたが、前回来た時からあったかどうかは覚えていないので不明。
20080528img_3633 20080528img_3635 20080528img_3638

20080528img_3634 20080528img_3636


石岡南台
こちらも特に変化は無し。待合室と跨線橋はベニヤで塞がれたまま。あちこちに廃線直前の関連物が散見される。使われなくなったためか、近代的な様相の割に荒れてきている。
20080528img_3641 20080528img_3643 20080528img_3644

20080528img_3645


東田中
廃線時からほとんど変わらず。駅名表示板は取り外されているが、掲示板に代わりの印刷された駅名表示板(ラミネート済み)が貼られている。駅前のタイ焼き屋も健在。
20080528img_3646 20080528img_3648 20080528img_3653

20080528img_3649 20080528img_3650 20080528img_3647


玉里
上りホームの待合室が移設された以外は、以前と大きく変わらず。ワンマン運転用のミラーも残されていた。列車時刻表も往時のまま。
20080528img_3656 20080528img_3658 20080528img_3660

20080528img_3659 20080528img_3661 20080528img_3662 20080528img_3663


新高浜
廃線前も含めて、実は駅のホームに立つのは初めてだったりする。元からホーム一本のみの簡易駅なので、廃線となった今もほとんど変わっていない。
20080528img_3668 20080528img_3669


四箇村
こちらも廃線前とさほど変わらず。待合室は、バス利用者の駐輪場になっているようだった。
また、以前見た時に地鎮祭をしていた場所には、ヘアーサロンができていた。よく見ると木の素材を使った塀や入口の泥落としが、古い枕木だった。廃材利用と思われる。
20080528img_3674 20080528img_3676 20080528img_3671 20080528img_3673


常陸小川
工事中だった待合室は完成していて、バス待ちしているお客さんが利用していた。ここは利用者がけっこういるらしく、バスがなくてもよく乗客を見かけた。
20080528img_3678 20080528img_3682


小川南病院と小川高校下
動態保存されているキハ432は、ときどきメンテされているのか、コンディションは良さそうだった。
小川高校下の付近は車を停めるのが難しいので、ここから望遠で狙った。遠目では特に変わった様子もなし。
20080528img_3683 20080528img_3684 20080528img_3686
 
 
桃浦
現存する木造駅舎としては唯一の駅だが、廃材置き場になってからも久しい気がする。と言うことで、以前と変わらず。
20080528img_3687 20080528img_3688 20080528img_3689



ここも大きな変化は無いが、日当たりが良いのか風通しが良いのか、線路の雑草の伸び方が激しいような気がする。ホームの奥は民家に繋がっており、ここの家が通り道にしているのか、綺麗に草刈りされていた。
駅の周辺は、以前のようにキバナコスモス(?)が咲き誇っていた。
20080601img_3829 20080601img_3830 20080601img_3831

20080601img_3832 20080601img_3833 20080601img_3828

20080601img_3836 20080601img_3837 20080601img_3843


玉造町
駅舎も解体され撤去レールも搬出され、当時と変わらないのは公衆便所と観光案内板だけ。その案内板の鯉も、鯉ヘルペス事件で養殖が無くなってしまったので、今では名産と言えなくなってしまった。
そう言えば、ここのバス待合室は、常陸小川より小振りだけど近代的なことに気付いた。
20080601img_3794 20080601img_3793 20080601img_3795

20080601img_3797 20080601img_3798 20080601img_3796


吉田屋
吉田屋には玉造駅のホームにあった待合室が移設されている。今は物置か何かに使われているようだった。窓に駅名表示板が見えたので、以前売られていた駅名表示板のミニチュアかと思ったら、写真をプリントしたものだった。ちなみに場所はベイシア玉造店の隣。
20080601img_3799 20080601img_3800 20080601img_3801

20080601img_3802


霞ヶ浦ふれあいランド
霞ヶ浦ふれあいランドには浜駅の待合室が移設されている。こちらも物置として活用されてるっぽかった。設置場所は物販所の裏なので、少々分かりにくいです。
20080601img_3825 20080601img_3827 20080601img_3826

ここに来たついでに、おなじみ「ちょっと見てきて」の茨城ネタを消化してきました。科学万博で展示されていたという、三連水車を撮ってきました。
20080601img_3811 20080601img_3815 20080601img_3822

20080601img_3820 20080601img_3821 20080601img_3805


榎本
以前来たのと同じ、駅前が立ち入り禁止になったまま。遠くから覗くのみ。線路もホームも変わっていないようだった。
20080601img_3790 20080601img_3791 20080601img_3792


巴川
旧貨物線跡へ行く柵が外されていた。もしかしたら、最近廃材の搬入か搬出があったのかも。それ以外は変化が無いように見えたが、信号ケーブル用の側溝のフタが開いていたのと、駅構内の枕日の犬釘が途中まで抜かれていたのに気が付いた。気が向いた時しか寄らなかったので、かなり前からそうなっていたのかも。
20080601img_3779 20080601img_3780 20080601img_3781

20080601img_3782 20080601img_3783 20080601img_3788


鉾田
鉾田駅保存会が活動されているので、いろいろと整備されている。今は保存会所有となっているキハ601とKR-505には、窓に鉾田駅保存会の貼り紙が貼られていた。キハ601は前回、補修の途中だったが、今回は見違えるほど綺麗に仕上がっていた。KR-505もドア付近にサビが浮いてきているが、こちらもいずれ補修に入られるとのこと。
その他気付いたことは、
・キハ601の運転席にヘッドマークが飾られていた
・キハ601の説明看板が取り付けられていた
・次回公開日の案内看板ができた
・鉾田駅保存会のポストがあった
・鹿島鉄道時代の無料駐車場の、さらに奥が保存会の駐車場スペースになった
・簡易トイレが設置された(イベント時のみ使用)
など。
01_20080601img_3754 02_20080601img_3740 03_20080601img_3750

04_20080528img_3724 05_20080601img_3748 06_20080601img_3747

07_20080601img_3762 08_20080601img_3765 09_20080601img_3777

10_20080601img_3770 11_20080601img_3775 12_20080601img_3742

13_20080601img_3745 14_20080601img_3759 15_20080528img_3732

鉾田駅保存会の方々は、毎週のように活動されているようです。こちらも手伝いたいのはやまやまだけど、まずは自分の生活をなんとかしなくちゃならないんで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.01

ケータイ写真館

Ca37111800010001
キバナコスモス咲く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ写真館

ケータイ写真館
夢の跡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »