« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.28

弥生軒@我孫子駅

弥生軒@我孫子駅
我孫子駅の立ち食いそば屋である、弥生軒の唐揚げそばがすごいと言う話を思い出したので、電車を一本遅らせて食してきたとです。

で、頼んだのが唐揚げそば(2個)400円也。写真のドンブリや箸入れと比べて分かるように、唐揚げがとにかくデカい!つうか、ドンブリを完全に覆っていて、先に唐揚げを食べないと、そばには到達できません。

もちろん完食しましたが、唐揚げを食べてる段階でけっこう満腹気味。と言うか、顎が疲れました(笑)。唐揚げそば(1個)320円もあったので、そっちで十分だったかも。

毎日が食べ盛りと言う人は、ぜひお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.24

ケータイは投げる物ではなーい!

ホントにやるの? といわれた──「フォンブレイバー 815T PB」はどうやって生まれたか
ITmedia +Dの記事より


特撮大好きですからね、もちろん見てます>ケータイ捜査官7


そこに登場する、歩いて喋るケータイことフォンブレイバー。変形ギミックは、30代以上には懐かしいゴールドライタンを彷彿とさせますが、こちらは普通に携帯電話として使える優れもの。何より、モニターにはテレビと同じ表情(?)が待ち受けアプリとして表示されるのが、ガジェット好きにはグッと来ます(笑)。


ホントに動いたり喋ったりするなら、NMPでキャリア変更してもいいくらいなのですが(笑)、さすがにそれは不可能なので、auユーザーをやめる気はありません。もし、待ち受けアプリがあるなら試してみたいですが、ソフトバンク提供なので、他キャリアでは難しいでしょうねぇ。できるとしたら、自作アプリに期待するしかなさそうです。


ちなみに、本編のケータイ捜査官7も作品として面白いです。相棒2人が活躍するバディものとしても、少年が主人公のジュブナイル作品としても、家族みんなで楽しめると思います。


また、主人公ケイタとセブンのやり取りを見て思い出したのですが、どことなくナイトライダーのマイケルとK.I.T.T.に似てるんですよね。未熟な主人公とサポートするロボットのコンビで、人工知能のくせに妙に人間くさかったりするところとか。


他にもフォンブレイバーの7(セブン)がちょこまか動く姿は可愛いらしいし、そのくせ喋り方は偉そうなのがユーモラス。通信機としては高機能だけど、しょせん携帯なので本体はそれほど頑丈じゃなかったり。


いろいろ見所はあるので、おすすめしたい作品です。


ケータイ捜査官7 PV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.23

ちゃんぽん屋

地図ネタに弱い俺としては、デイリーポータルZの企画である「ちょっと見てきて」なんてのは大好きでして。それがもし近所(俺的に)だったりしたら、もう行かずにはいられません。

ただ、記事を投稿しても、お願いした人が忘れてたりして反応が無いと寂しい思いもします。
それでも先日は、水戸から奈良へ引っ越した小学2年生のお願いで、見川小学校のしだれ桜を撮ってきたら、ちゃんと反応があったので、ちょっとは報われた気持ちになりました。

さて、前置きが長くなりましたが、そんな感じで今回も依頼者のリクエストで、水戸の下市商店街にあるらしい「ちゃんぽん屋」に行ってきました。

下市商店街でラーメンのお店というと、松喜吉と伊勢屋しか思い浮かばず、ちゃんぽんはどっちも出してなかったなぁと、行きあぐねていました。しかし今日、ハミングロードをちょっと横に入ったところに、「ちゃんぽん」の看板を出しているお店を見つけたので、もうこれしか無いだろうと、思い切ってお店に入ってみました。

20080423imgp0395

それにしてもこのお店、正直やってるのかどうかも分からないくらい、見た目が古い!のれんが出ているから大丈夫と思って入りましたが、中もまるで終戦直後の屋台のよう。俺はこういうお店も平気だけど、女性にはちょっと敷居が高いかもしれませんねぇ。

昼飯時を少し過ぎた時間だったので、お客さんは俺一人。看板にも出ているちゃんぽんを頼みましたが、いわゆる長崎チャンポンとは別物で、どちらかというと「あんかけタンメン」という感じです。味もタンメンっぽかったですが、なにしろボリュームがすごい!言葉通り、本当にドンブリいっぱい入っていて、しかも熱々なもんだから、なかなか食べられず。それでも口の中をやけどしながら、しっかり完食しましたけどね!

Ca371021

そうそう、食べながら気付いたのですが、お店の中が妙に線香の臭いでいっぱいなのです。最初は気付きませんでしたが、ふと奥の座敷を見ると、まだ新しい祭壇に、お婆さんの遺影が飾られてました。線香の臭いは、この祭壇からだったのです。

そう言えば依頼者のコメントに、お婆さんがいたとあったので、きっと最近そのお婆さんが亡くなったのでしょう。遺影と一緒に、店の前で笑っている写真も飾られていたのが印象的でした。

興味のある方は、「水戸 チャンポン屋」で検索してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.21

生まれたて日記

今日をもちまして、
また一歩、大人の階段を登ります。
生まれたての39歳になりました。
いよいよ三十路ラストイヤーです。


そして俺の今の肩書きは自由人。
まあ、ぶっちゃけ無職なんですけどね!


思えば30代最初の誕生日を迎えた時も
会社を辞めたばかりの無職でしたが、
まさか30代最後の誕生日も迎える時も
同じ状況で無職になってるとは思ってませんでした。


そんな感じで、自由人の名にふさわしく、
時間に関しては自由に使える俺ですが、
ここ最近、何をやっていたかというと、
仕事を始めるための準備をしてました、一応。
ひたすら遊び歩いていたわけじゃありませんよ!
でも、あちこち出歩いていたいた事は認めます。


ちなみに準備というのは、
技術士の二次試験に申し込んだり、
同じく技術士会に入会手続きをしたり、
ハローワークへ行って情報収集をしたり、
自宅で仕事ができるように部屋を片づけたり、
その他イロイロって感じです。


しかし、この片づけ作業、
進んでいるのか、逆に散らかしているのか、
自分でもよく分からないところではありますが。


ただ、辞めた会社から離職票がまだ届いていないのと、
技術士会の入会手続きに時間がかかっています。


俺が考えているビジネスプランでは、
これらの処理が完了してから仕事を始めるつもりなので、
たぶん本格的な活動開始は、GW明けになりそうです。


つうことで、
今年はチャレンジャーな一年になることは必至ですが、
今後とも、ひとつよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.20

兼業農家ブログ

Ca371001
種まき時の種籾は、これくらい芽が出ている。

Ca370998

Ca370999

種まき器を使う時は、転がしやすいように苗箱を並べる。
このとき、列の前後に種籾や覆土を受けるための空箱を置く。
転がす方向は1方向とし、列の先端まで行ったら引き戻す。
最初は方向転換しながら蒔いていたが、1方向にした方がやりやすかった。

種まき器の設定
・種もみ時:目盛り2、2往復

Ca371002

Ca371004

・覆土時:目盛り3~1、2~3往復、様子を見ながら調整する

Ca371005

今年は苗を110箱つくった。
覆土は20kgを4袋使った。

Ca371006

Ca371007

苗箱の積み方は、2箱ごとに挿し棒を挟む。
110箱を(11+1)箱×10列に並べる。
1段あたり2箱×6=12箱を積む。
ただし、1番上の箱は土だけの箱とする。

苗床を包むビニールは、必ず全体が密閉するようにすること。
外気の入るすき間があると、温度が上がらず苗が伸びない。
苗箱の一番上には、新聞紙を被せて水をかける。
上から掛ける黒いビニールは、地面までつくようにすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場

駐車場
D51専用とな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.13

石井

石井
牧場なのか釣堀なのか。

魚なのかイカなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.09

パンダ好きのあなたに

パンダ好きのあなたに
上野駅で見つけた松坂屋のポスター。

上野がらみのキャラクターは、どうしてもパンダがらみになるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.06

ケータイ写真館

ケータイ写真館

ケータイ写真館

ケータイ写真館
春花日和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.04

その後の鹿島鉄道18

廃止から1年たちました。沿線も大きく様変わりしたところと、あまり変わらないところに二分されてます。特に最初の半年間はかなり活発に工事等が行われていたけど、最近は線路の撤去作業もストップしたまま。まあ、こちらものんびりと観察を続けていくつもりです。
今回は3月30日と4月1日に見てきた様子をまとめてみました。
 
 
鉾田駅
前日に鉾田駅保存会が主催の廃線一周年イベントがあったため、キハ601が従来の留置場所からホーム先へ移動していました。これは、駅のロータリー側から撮影しやすいようにとの配慮で、この場所に持ってきたとのことです。当日はKR-505もホームに移動したらしいのですが、この日はいつもの留置線に置かれてました。
キハ601の周囲にはタイガーロープが張られ、運転席扉はチェーンでしっかり施錠されていました。昨今の鉄道がらみの盗難騒ぎを考えれば、当然の処置でしょう。KR-505も同様です。キハ601は補修中らしく、あちこちにパテが盛られています。昨年まで現役最年長だったことを考えれば、あちこちにガタが来ているのも当然です。作業にあたられる保存会の方々には頭が下がります。
20080330imgp0283 20080330imgp0282 20080330imgp0285 

20080330imgp0292 20080330imgp0290 20080330imgp0287 

20080330imgp0297 20080330imgp0299 20080330imgp0302
 
 
榎本駅
駅前ロータリーの入口が封鎖されていました。これまでも工事があったときに、何度か封鎖されていましたが、今は工事が一通り終わっているようなので、恒久的なものになるかもしれません。
20080330imgp0303 20080330imgp0304 20080330imgp0305

また以前、榎本-玉造町間の線路脇にあった枕木は、すべて撤去されていました。駅でも何でもない土地だったので、撤去工事時に土地を借りて作業場にしていたのでしょう。しばらく前から榎本駅に廃材が置かれていたので、そのときにここへ持ってきたのかも。
20080330imgp0306 20080330imgp0307
 
 
玉造町駅
前回来た時と大きな変化はありませんでしたが、客待ちのタクシーが1台もありませんでした。日曜だったからかもしれませんが、そもそもお客がいるのか?と疑問に思っていたので、もう客待ちしていないのかも。ただし、子供と別居している高齢者向けに多少の需要はあるはずだから、その場合は呼び出しで対応するのでしょう。
20080330imgp0308 20080330imgp0311
 
 
常陸小川駅
旧駅舎跡の場所に、屋根付きの小屋?が出来ていました。まだタイガーロープで入れないようになっていたので、出来たばかりなのかもしれません。割と大きめですが、隣にベンチが3台置かれているので、駐輪場との兼用ではなく、待合室専用になることも考えられます。
20080330imgp0312
 
 
石岡駅
跨線橋の解体工事は完了し、もともと鹿島鉄道への連絡部は後付けしたような形だったので、跨線橋が非常にすっきりしていました。鹿島鉄道側のホームも整地されましたが、西口と東口の連絡歩道橋の橋脚部分のみ、ホームが残っています。なお、ホーム跡は10台分の駐車スペースになっていました。
20080330imgp0315 20080330imgp0317 20080330imgp0318 

20080330imgp0323 20080330imgp0319 20080330imgp0321
 
 
小川南病院
キハ432の保存先として有名ですが、3月30日にイベント・かしてつ同窓会があったのを知ったのは、翌31日の新聞記事でした。記事に載っていた写真を見ると、周辺もかなり整備されたようだったので、4月1日になってから改めて行ってみました。
まず最初に目に付いたのは、乗車用の短いホームができていました。駐車場側と、反対の新しくできた訪問介護の施設側から出入りできます。ホームは扉の所までで、片面全部ではありません。その奥には信号機も設置されており、鹿島鉄道が撤去したものを譲ってもらったのかも。
その他は、ホームの入り口に注意書きの立て看板と、車両の両側に街灯が設置されました。車両の周囲はタイガーロープが張られており、イベント等以外は立ち入り禁止になってます。
また、ブルーシートで覆われた物体が駐車場側に置かれていました。中身は分かりませんが、先日のイベントで使われたステージかもしれません。
20080401imgp0330 20080401imgp0335 20080401imgp0334 

20080401imgp0338 20080401imgp0332 20080401imgp0339 

20080401imgp0340 20080401imgp0342
 
 
5月4日にまた鉾田駅保存会の活動があるらしいので、田植えが終わっていれば様子を見に行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.03

ケータイ写真館

ケータイ写真館

ケータイ写真館

ケータイ写真館
桜めぐり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主規制

自主規制
何かと煩い世間に対する配慮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »