« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

最後の夕暮れ

最後の夕暮れ
今年最後の夕暮れは

旧き友との再会の時

今は互いに離れても

一度顔を会わせれば

あの頃の想いが蘇る

また会おうぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.25

天才

噂には聞いていたが、初めて声優の小林ゆう画伯の絵を見た。

…驚愕だった(いい意味で)。

もはや天才の領域ですな。
こりゃー確かに伝説化するわw



本人は声も顔もかわいいんだけどねー

"小林ゆう画伯"の検索結果

小林ゆう - Wikipedia -
ゆうの自由帳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

Fullmoon X'mas

20071224imgp2942

20071224imgp2961

今宵の満月をあなたに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ写真館

ケータイ写真館
飾り灯籠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.23

動
なんという躍動感

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.15

お座敷列車

お座敷列車
水戸駅に着いたら6番線ホームにお座敷列車が止まってた。
間近で見たのも何か久しぶり。
「那珂湊グルメツアーすし食べ放題」のステッカーが貼ってあり、高崎支社が主催っぽい。

しかし型式を見るまで、485系がタネ車だって分からなかったよ。
すんげー変貌ぶり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.13

宇宙世紀に生まれたかったあなたに

アキバBlogを見てたらこんな記事が。

秋葉原にモビルスーツバー「連邦軍」&「ZEON」

場所的には秋月電子とか千石電商の辺りで、オープンはもうちょい先みたい。
オープンしたら行ってみるか。

20071212102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.05

その後の鹿島鉄道16

月イチ訪問の予定が先月は行きそびれてしまったので、約2ヶ月ぶりの訪問となってしまった。
しかも日が短くなっているのに、家を出たのが遅くなったため、鉾田駅に着いた時点でほぼ日没。
どれだけ撮れるか時間との戦いとなってしまった。

鉾田駅
特に変化は無かったが、路線バスの給油設備にタンクローリーが給油作業をしている場面に遭遇した。ちょっと珍しい。
留置してある3両も10月のイベント以来、無稼働のはず。夕日が映るキハ601の窓も、車体のくたびれ具合とともに、どことなくもの悲しく見える。
071201img_3404 071201img_3399 071201img_3413


榎本駅
線路撤去作業のものと思われる、通信ケーブル用のU字溝が置かれていた。
また、防衛施設庁の用地跡は、すっかり更地になっていた。
071201img_3417 071201img_3418


玉造町駅
駅前の公衆便所脇にバス停が移動し、屋根付きの自転車置き場兼待合所が新しくできてた。玉造町駅は石岡方面・鉾田方面・鹿嶋方面とへのターミナルなので、バスの乗り換え客もそれなりにいるらしい。周辺の中では人口も多い地域なので、屋根付きバス停の設置はありがたいだろう。
撤去されたレールはすっかり搬出されたようで、周囲のバラストも含めて整地されたように思われた。
071201img_3424 071201img_3420 071201img_3422


浜駅
榎本駅と同じように、撤去された通信ケーブルのU字溝が置かれていた。あと枕木もいくつか。
一瞬、立ち寄っただけだったが、他に変わった様子は無かった。
071201img_3427 071201img_3428 071201img_3429


桃浦駅
駅舎というか、待合室は相変わらず残っていたが、こちらも駅前が撤去されたU字溝置き場になっていた。入口を塞ぐように置かれていたので、ホームへ入ることはできない。もっとも、以前からタイガーロープが張られていたけど。
071201img_3430


ここで撮影が困難になったためタイムアウト。写真は撮れなかったものの、常陸小川駅まで様子を見に行ったけど、こちらも特に変わりなし。線路の撤去状況も、以前と変わりないように見えた。
常陸小川-石岡間は、できれば今月中にリベンジしたいけど、さて、どうなるか。

071201img_3396

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.02

KBBライブ (2007/11/24)

もう先週の話だが、KBBというバンドのライブに行ってきた。

ジャンルとしては、「プログレ」とかいうらしいがよく分からん。
バイオリンの壺井氏を中心とした「ジャズ・ロック」と言うのが、自分としては一番しっくりくる。
あ、歌は歌いません。インストのバンドなんで。
クラシックやサントラなんかも聞いてたんで、こういうジャンルも割と好き。

で、なぜライブに行ったかと言うと、このバンドのキーボード担当の高橋氏が、実は10年来の友人だったりする。
しかもこの御仁、クレージーケンバンドのサポートメンバーとして、ツアーで全国を駆け回ったりもしている。
業界では有名なアーティストなのだ。

元々はニフティサーブ時代の某フォーラムのリアルタイム会議室(いわゆるチャット)で知り合ったのだが、最初は職業とか全然知らなかった。たぶん、そのへんはお互い様だと思うけどね。

最初はオンライン上だけだったのが、オフ会や個別の飲み会とかで顔や素性を知るようになり、一緒に徹マンなんかもしたりした(笑)

その後、ニフティは@niftyとなり、フォーラムの活動が低下すると疎遠になってしまったが、ふとしたきっかけでKBBに参加していることを知り、mixiにKBBコミュがあったことからライブのことも知ったというわけ。

最後に会ったのは7、8年前に、共通の友人の結婚式二次会(と言う名のオフ会)だったが、久しぶりに会ってもすぐに当時と同じように話が出来たのは嬉しかった。一緒に活動した期間は2~3年くらいだったけど、すごく濃密な時間だったからなぁ。大学時代の先輩と久しぶりに会った、そんな感じですよ。

次回のKBBライブは来年2月とのことだが、都合がつけばまた行ってみたい。

その前にクレージーケンバンドのライブに行きゃいいんだけど、米米CLUBにしろクレージーケンバンドにしろ、メジャーバンドのライブに一人で行くのは、ちょっと躊躇してしまう38歳であった。

なお、ライブの様子をマイフォトにアップしたので、興味のある方はこちらからどうぞ。


KBB Home Page

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »