« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.29

ベテランと初心者のジレンマ

参加しているmixiの某写真系のコミュで、ちょっとしたやり取りがあったので、酔っぱらった勢いで書いてみる。
かなり長いので、興味のない人は読む必要皆無!


デジタル一眼レフに限らず、デジタルカメラの販売台数は順調に伸びているようだが、それはいったい何を意味するのか?つまるところ、膨大な数の初心者カメラマンを生み出していると言うことである。

ここで、BCNの記事をちょっと紹介。
【Market Trend】デジタル一眼レフカメラの販売動向

8月のデジタル一眼レフのメーカー別販売シェアは、1位がキヤノン51.2%、2位がニコン33.4%、3位が吾が愛するペンタックスで7.9%とのこと。つまり、キヤノンとニコンで市場の8割以上を占めているのである。3位のペンタックスですら10%足らずと言うことは、オリンパスやソニーのシェアは言わずもがな。

mixiの某写真系コミュでは、ほぼ毎日のように初心者の人から、カメラを買いたいけどおすすめは?と言う質問が繰り返されている。そう言う場合、だいたい候補に挙がるのが、キヤノンIOS KissD XかニコンD40のレンズキット。

他に小さいのがいいとか、手ブレ補正が欲しいという条件がついて、ペンタックスK100D SuperやオリンパスE-410あたりが候補に追加されるといった感じである。

先のシェアの話に戻るが、キヤノンとニコンのシェア8割の中には、当然プロやベテランの人も含まれる。そういう人が初心者の人にお勧めを聞かれたら、やっぱり自分が使ってるメーカーからお勧めしたくなるのが人情ってもの。つまり、お勧めする人の8割がキヤノン・ニコンってことになるのだ。

トヨタやドコモもそうだけど、これがシェアを取ることのメリットであり、市場をコントロールできちゃうってことなのだ。ま、そうじゃなくてもKissD XやD40は、初心者向きに良くできてるんで、買って損はないと思うけどね。


写真というのはなかなか奥が深くて、シャッターを押すのは一瞬だけど、その一瞬のために考えることは、実はべらぼうにたくさんある。今どきのカメラがシャッターを押すだけでそれなりに撮れるのは、人間が考えるべき事をカメラが肩代わりしているからだ。

カメラが賢くなって、さらに値段も安くなったものだから、誰でも気軽に買えるようになってきた。もともと日本人は写真好きな民族っぽいので、それも至極当然の流れだ。そうなると、あるジレンマが発生する。ベテランと初心者のジレンマだ。

カメラがたくさん売れたとしても、それはカメラに詳しい人が増えるわけではない。むしろ初心者がどんどん増産されているような状況である。

カメラユーザーの数をピラミッドを考えて欲しい。ユーザーが増えればピラミッドは大きくなるが、頂上部にいるベテランの数が増えるわけではなく、裾野の初心者ユーザーが増えるのみなのだ。

mixiなどは恐らく顕著な例だと思うが、初心者が分からないことを質問し、ベテランの人がそれに回答するという図式が成り立っている。初心者は日々増えているが、ベテランの人数は変わらない。

しかも初心者の質問に回答するのは、ベテランの中でも初心者に教える労を厭わない、「親切なベテラン」に限られてくる。こういう人って、実際はものすごく少ない人数なんだよね。

そもそも初心者の人は、質問の仕方も分からない人が多い。雑誌やインターネットで調べられると言うことも知らない。過去のコメントを見直すということも知らない。なので、とにかくまず人に聞く。でも人に教えてもらったとしても、基礎知識が無いとまだ分からなかったりする。このあたりが初心者のジレンマである。

ベテランの人がそれに回答しようとしても、あまりにも漠然とした質問なので回答のしようがない。だから、質問者に対して具体的な条件を提示させて、それに対して改めて回答する。そして次の日、また別の初心者が同じような質問をする。中には回答してあげても返事が無かったり。これでは、いくら親切な人でもうんざりしてくる。これがベテランのジレンマ。

そのうち、おすすめ機種がキヤノンとニコンばかりだなんて、あらぬ批判も受けたりする。こうなると、もうやる気ナッシングですな。


俺もすでに20年以上もカメラを扱ってきているので、世間一般にはハイアマチュアというクラスに所属すると思われる。知識や技術はそこそこあると自負してますよ。まあ感性は別だが。

これでも割とお節介な性格なので、気が向いたり酔った勢いとかで回答コメントを書くこともあるけど、基本は中立の立場を取っているつもり。

と言うか、特に必要なスペックとか無かったら、手にとって気に入ったら、どれでもいいから買え!でアドバイスが終わっちゃうから。さもなくばK100D Super買え!だな。実際、今どきのデジタル一眼レフなんて、ダメだしするほど出来の悪いカメラなんてありませんて。

それでも相手のために考えてアドバイスしようとしたら、総合的にはやっぱりキヤノンかニコンに落ち着いちゃうんだろうな。

今も昔も、世はなべて真面目な人ほど疲れるように出来ているのだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.09.25

ケータイ写真館〜2007/09/25

ケータイ写真館〜2007/09/25
秋の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

兼業農家ブログ

忘れないうちに、今年の稲刈りのことをメモ。

・稲刈り…9/18(火)
・乾燥・脱穀…9/19(水)
・出荷・運搬…9/20(木)AM

取れ高
・供出米…78袋
・自家用米…45袋(うち保存30袋)
・合計123袋

この後、田んぼをトラクターで掻く予定。
(藁くずを土の中に混ぜる)

Ca3705480001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.18

その後の鹿島鉄道14&常総線イベント

このところは月イチで訪問している鹿島鉄道ってことで、今月分のノルマをこなしに行ってきた。

それとは別に、15日に親会社である関東鉄道の常総線でイベントがあり、キハ101(旧キハ30)が首都圏色に戻ったというので、高校の後輩と現地待ち合わせて行ってきた。常総線の撮影をするのは久しぶり。と言うか、黒子より南で撮ったのは初めてかもしれない。

下りの撮影地は中妻-三妻間の田んぼから。他にも3人くらい先客が。その後は下妻駅に行って、駅付近の様子を見る。昼飯を食って、宗道-玉村間で筑波山をバックにいざ上りを!と思っていたら、発車時間を勘違いして撮り損なう。中妻-三妻間まで追っかけをするも間に合わず。後輩とはそこでお別れ。

その後、スカ色のキハ102が動いているのを知り、下妻-宗道間で上りを1本撮って終了。それでも、首都圏色とスカ色の2両が同時に運用に入ってくれるなら、ときどき常総線に来るのもいいかなと思う。
200709151 200709152 200709153


そして1日空けて17日に、定例の鹿島鉄道の廃線訪問へ行ってきた。もう駅舎関係に大きな動きは無いだろうと思い、今回は線路の撤去状況を細かく見てみることにした。作業は石岡、常陸小川、玉造町をそれぞれ起点として行われているようなので、そこからどれだけ作業が進んでいるか確認した。

鉾田駅周辺
鉾田駅跡は特に変化なし。今回は駅舎跡にバスが駐車していたので、この場所は状況に応じて使っている模様。留置されている車両は、キハ601のステップやKR-505のジャンパー線にクモの巣が張っていた。この辺りは、駅の側線は早々に撤去されたものの、本線部分はそのままになっている。
なお、鉾田駅跡では、10月6日(土)にネバーギブアップかしてつ主催でイベントが開催されるらしい。
2007091701 2007091702 2007091703

借宿前付近
借宿駅は車で通りながら様子を見たことはあったが、写真を撮ったのは初めて。駅名板が外された以外は廃止前と変わらず。借宿前-巴川間のオーバークロス部に行ってみたら、夏草がかなり線路を浸食していた。
2007091704 2007091705

榎本駅付近
ちょっとだけ様子を見ようと駅跡に行ってみたら、奥のパイプライン施設跡を整地している作業中だった。その他は特に変化なし。前回来た時は、玉造町方面から線路の撤去が行われていたが、まだ榎本駅には到達していなかった。踏切毎に確認しながら玉造町方面へ進んでいったら、榎本から玉造町へ2つ目の踏切(第1種)のところは線路が撤去済みになっていた。ちなみに、この脇の土地が枕木置き場になっている模様。ひとつ榎本へ戻った第3種踏切のところはまだ線路が残っており、デジカメを最大望遠にして見てみると、途中まで撤去されている様子が見えた。玉造町から鉾田方面へは、これが撤去作業の先頭部らしい。場所はこのあたり
2007091706 2007091707 2007091708 2007091709 2007091710 2007091711

玉造町駅付近
駅跡地は相変わらず線路置き場になっており、随時ここから搬出されているようだ。駅舎跡地付近から浜方面を見ると、遠くに重機が見えたので、とりあえずそれを目標に行ってみた。
前回は玉造町から浜方面へ1つ目の踏切まで作業が進んでいたが、今回はその一つ先の第3種踏切のところまで進んでおり、作業用の重機が置かれていた。もう少しで浜駅までの切り通し区間が終わると言った感じ。場所はこのあたり
2007091712 2007091713 2007091714 2007091715 2007091716 2007091717

浜駅
浜駅も少し様子を見てきた。ホーム等には特に変化は無かったが、線路の上に撤去作業用のケーブルのようなものが置いてあった。工事箇所が切り通しを越えてきたら、ここもすぐに撤去されるのだろう。
2007091718 2007091719

小川高校下駅付近
常陸小川駅の周辺は早くから撤去作業が行われており、どこまで進んでいるか気になっていたのだが、玉造町方面へは園部川の鉄橋部まで撤去済みで、その先が分からなかった。小川高校下駅は車で入れないため、今回は少し離れたところに車を停めて、初めて様子を見に行った。ホームに上がってみると、駅のすぐ手前まで線路は外されているが作業道具等は見あたらず、とりあえずここで作業はいったん終了といった感じだった。
2007091720 2007091721 2007091722

小川南病院
小川高校下駅へ行く時に、キハ432の後ろに建物が建てられているようだったので、少し様子を見てきた。行ってみると、以前はキハ432の周囲は空き地だったのだが、道路側に何かの建物が建設中になっていた。施工主の看板が見あたらなかったので分からないが、建物の感じからして、何かしらの医院のように思われた。この辺りは小川南病院以外にも、薬局や個人の医院があるので、それらと被らない新しい医院ができるのかも。
2007091723 2007091724

四箇村駅付近
今度は常陸小川の石岡側の作業状況を見に行った。常陸小川-四箇村間の築堤付近の踏切は、以前から撤去済みなのは分かっていたので、その先の踏切に行ってみようと思ったら、そこは四箇村駅のすぐ手前のところだった。踏切から常陸小川方面の継ぎ目のところまで、線路が撤去されていた。ここも小川高校下と同じく、作業の道具等は無かったので、とりあえずここで作業は中断といった感じだった。
2007091725 2007091726

四箇村まで来たところで日没となり、石岡市内はおまつりで渋滞が予想されることもあり、今回はここで終了とした。石岡南台のあたりは線路の撤去が終わっているので、これがどこまで進んだかは気になるところだが、それはまた次回。

【追記】
ネバーギブアップかしてつの活動が、フジテレビ系のニュースで放送されたらしい。ソースはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.16

コリン・マクレー事故死?!

YOMIURI ONLINE
自家用ヘリが墜落、世界ラリー元王者・マクレー氏が死去

日刊スポーツ
WRCの元王者マクレー氏が事故死

AFPBB
コリン・マクレー氏 事故死か?

コリン・マクレーと言えば、90年代半ばにスバルチームからWRCに出場してドライバーズタイトルやマニファクチャラーズタイトルを獲得し、スバルの黄金時代を支えました。俺の同世代であり、なによりラリー好きになるきっかけにもなった選手でもあります。彼の活躍には、ほんとワクワクしました。

搭乗者は全員死亡で、まだ身元は確認されていないようですが、おそらく同乗してたでしょうね。
ショックだ…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ぶらり途中下車の旅~富士宮

2週間ほど更新が空いてしまったけど生きてます。その間に行った旅のことを忘れないうちに書いておこうかと。

青春18きっぷは発売されるシーズン毎に買っているのだが、そのうち1枚以上は当てのない鈍行旅に使っている。今回も9月1日に関東近郊をぶらりとまわってきた。

今回の行程は、水戸線・東北線・東海道線・御殿場線・身延線・中央線・常磐線と1都7県をまわってきた。最初は両毛線と八高線を乗る予定だったので、途中で気が変わってコースを変えちゃったからね。そっちに行ってたら関東は制覇していたのだが。

旅と行ってもひたすら電車に乗ってるだけだし、ほとんど寝ずに出かけたので、車内の記憶が無い時間も多い。そんな道中でも、乗り継ぎの関係で富士宮で2時間ほど空きが出来たので、ぶらり途中下車と相成りました。


富士宮に着いて最初に目に入ったのが、改札の目の前にある「麺ズSTATION」なるお店。立ち食いそばならぬ、立ち食い焼きそばですな。椅子あるけど。さっそく入って並盛り400円を注文しました。富士宮焼きそばの特徴である、だし粉の風味と肉かすの濃厚な味、そして歯ごたえのある蒸し麺が美味しゅうございました。
Ca370481 Ca370482

一軒だけでは物足らなかったので、駅前をブラブラしていると、富士宮焼きそばののぼりが出ているお店を見つけたので入ってみた。お店の名前は「キッチントトロ」。例のアニメが由来です。ここでも並盛り500円を注文。だし粉や蒸し麺の基本はもちろん、きざみ海苔と一味唐辛子をかけるのがオリジナル。ただ、ボリューム多めだったので、食べ歩きをするにはちょいキツかったかも。
Ca370484 Ca370485

この店で町歩きマップをもらったので、今度はそれを見ながら歩いてみた。

マップを見ると、富士山本宮 浅間大社が町の中心になっていて、その参拝客向けに「お宮横丁」という飲食店街があるので、そこへ行ってみた。ちなみに浅間大社は、御神体を富士山とする全国に1300社以上ある浅間神社の総本宮で、富士宮の「宮」はこの浅間大社のことを差すらしい。
Ca370499

お宮横丁に来てみると、名物の焼きそばはもちろん、他にも地場の名物を使ったいろいろなお店があった。ただし、どれも屋台形式で、横丁の真ん中に縁台やテーブルがあり、そこで食べるようになっている。 他にも湧き水が自由に飲めるようになっており、お冷やの代わりに各自が自由に飲むシステム。
Ca370489 Ca370496

ここでもやはり焼きそばで行こうと、富士宮でも一番の老舗らしい「すぎ本」で焼きそばの小盛り300円を注文。並盛りも少々厳しくなってきたんでね。ここが富士宮焼きそばの基本らしいので、だし粉、肉かす、蒸し麺はもちろん、イカも入っているのでお得感がある。
Ca370491 Ca370492

さすがにいい加減、満腹になっているのだが、「マスバーガー」のポスターが気になってしょうがなかったので、食わずに後悔するなら食って後悔すべしが信条の俺としては、ここは注文せざるを得ないでしょう。

このマスバーガーは、ニジマスのフリッターにトマトとバジルソースが挟んであり、思ったほど悪くないというか、上品な味。むしろパンに塗ってあるガーリックバターの風味が強すぎて、味をすべて持ってってますが。
Ca370488 Ca370493 Ca370494
ちなみにこのお店、名前は「鱒益分岐店(そんえきぶんきてん)」と言って、名前は冗談みたいですが味は真面目。


つうことで、たっぷりと焼きそばを堪能したけど、なんか「ぶらり途中下車の旅」と言うよりは、「一人でぶや」状態になった気もするがキニシナーイ。

Ca3704980001
アイスは別腹。

富士宮やきそば学会

富士宮のグルメ情報

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.02

しましマーチ

Ca370458
先日、生で見ますた。水戸で。ホントに走ってます。

つうかCMまだ見てないんですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »