« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.28

#5555

自分で踏んじまったぃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー電王

オーナー役&ナレーションが石丸謙二郎なのは、世界の車窓から繋がりか!

それはともかく、運良く早起きできたのでライブで見られましたよ。主役を含めて主要人物がみんな若いから、まだセリフがアレなのは仕方なし。特に主人公は最弱の設定のせいか、声が弱々しくてイマイチ聞き取りにくいが、オンドゥル祭みたいにはなっていないみたいだな。まぁ、ここらへんは特撮番組の常なので、これから演技力がアップしていくのを期待するしか。変身シーンの桃割れは期待通りだったなw

とりあえず、モモタロスと電王ソードが面白かったので視聴決定~


仮面ライダー電王 テレ朝公式

…東映公式はまだ立ち上がらずか。ガンガレ白倉P。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.27

クリクリ

クリクリ
くりくりっ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.01.20

最後尾

最後尾
えー
そっちに座りたいのにー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.01.14

仏vs露

仏vs露

ハッキリさせてよ、もう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジャンル

ジャンル

男ビデオって…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.07

鹿島鉄道沿線とか

新しいレンズの試し撮りに鹿島鉄道へ行ってきた。

が、あまりにも風が強いため、普通に撮影するのは断念して、車で移動しつつ、車内からデジカメで適当に撮ることに。ちなみに、どれぐらい風が強いかというと、霞ヶ浦の護岸の道を走っていると、波飛沫が道の上にかかるくらい。

200701071_1
これくらい波立ってます。

そんな中でも三脚立てて列車待ちしている鉄なみなさん、ご苦労様です。俺にゃもうそんな元気ありませんw

せっかくなので、鉾田駅まで足を伸ばす。ちょうど鉾田駅に入線するKR-503が来たので、車内から撮影。

200701072_1
KR-503はイルミ付き。

駅にも車内にも、葬式鉄らしき人でいっぱい。無料駐車場も車がいっぱお。まぁ俺も人のことは言えんがな。そのうちまた乗り鉄しに行かないと。

夕方になって風が弱まった気がしたので、桃浦-小川高校下の霞ヶ浦をバックに撮るポイントへ行ってみる。以前はせいぜい2~3人くらいしかいなかったのに、今回は10人以上見受けられた。県外ナンバーが多いので、遠征して来た人が多いのだろう。去年までは一人で撮ることも多かったのにな。

一応、一眼レフを出してトキナー24-200mmの試し撮りをしたが、待ち時間中に日没してしまったので、シャッタースピードが遅くなってしまった。まだ現像してないが、きっとダメダメだろう。

200701073_1
こっちは待ち時間中にデジカメで撮った写真。これに列車があればバッチリだったのだが。

今回は風が強すぎたので、また日を改めて来るつもりだが、3月までは葬式鉄でいっぱいそうだな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.01.05

こちら土浦駅前派出所

こちら土浦駅前派出所

これってむしろ税金の無駄遣いじゃね?

【追記】
この交番は駅ビルの横にあるもので、駅ビルとは別の建ものになっている。そして駅前だけあって、周りはネオンやらイルミネーションやらがてんこもり。こんな場所の交番に、電気代のかかるイルミネーションを付けて、いったい何のメリットがあるのかと。交番を親しみやすくするため?交番の存在を知らしめるため?

もしこれが、住宅地やビジネス街等、夜間人通りが少なくなる場所ならば、窃盗等の犯罪防止に役立つかもしれない。しかし、地方とはいえ主要ターミナルの真ん前ならば、深夜営業の居酒屋もあれば、朝までタクシーも常駐しているであろう。もし犯罪が起きるとすれば、酔客がらみがもっとも頻度が高いと思われる。イルミネーションを付けたところで、効果があるとは思えん。むしろ、パトライトを目立つようにした方が、分かりやすいと思うんだがな。

このイルミネーションがいつまで付いているかは分からないが、付いてる間はずっと電気代がかかることは間違いない。その費用は当然、我々の税金でまかなわれている。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.01.01

謹賀新年

謹賀新年

あけおめことよろ。
筑波山頂より愛を込めて。

今年の初日の入りは曇って見えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »