« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.31

ライオン丸G EP-10~FINAL

世間的には大晦日ですが、ワタクシ的にはこれを書かねば年が越せないと言うことで、今さらながらまとめて感想でございます。だって、ずっと忙しかったんだモン!
思い出しながらなんで、内容とかはカナーリ適当になってますがご勘弁を。

【EP-10】
サオリちゃんのおっぱい祭!
最初、いつものあらすじかと思ったら、いきなり実況民への呼びかけがあったり、オープニングに被せてカラオケ状態で歌ったり、相変わらず掟破り(笑)。ギャグ回ではありましたが、なべやかんやキラーカーンといった豪華(?)なゲストが出ていたり、錠さんのことが最終回への微妙な伏線になっていたり、単なるお遊びでは済まなかったのが深いっす。コスKはいい娘だなぁ。

今日のジュニアさん
・ハートマン軍曹(中でもジュニアは最高サー!)


【EP-11】
ほんとにアバンのあらすじ無くなっちゃったのね。
つうことで、真影ことカラハッシー登場! 蛇フェノクを彷彿とさせる、ちょっとスカしたノリに狂気が加わった感じで、なかなかいい演技してましたなー。シシトラ、キタ――(・∀・)――!!
そして、ちょいゲストで北村一輝が登場。夜王は見てなかったんであっちの役は知りませんが、ちょっと出ただけなのに存在感はさすがっす。サオリちゃんキンタマ言いすぎ!そして錠さんがだんだん壊れていく!

今日のジュニアさん
・鉄人ゴーサンセブン(元ネタはピープロ繋がりで鉄人タ○ガーセ○ン)
・ガリ勉くん


【EP-12】
ジュニアさんコスプレ祭!のはずが、ジュニアさんサヨナラ祭ですた。部下を簡単に殺しちゃったり、頭を壁に打ち付けてキズを作ったり、その実は変身願望が強い、ただ父親=豪山に愛されたいだけの悲しい存在だったんですな。でも相変わらず狂ってましたが。
そして錠さんの童貞発覚!そしてソープが取り持つ獅子丸と錠之介の友情!ってヤな友情だなぁ。なんか練習してるしw。
その他、日村さんキター!マスター、別れの杯(銘酒:決戦)を出したり渋いなぁ。
果心居士と豪山の直接対決の結末は?!


今日のジュニアさん
・鉄人ゴーサンセブン(初の2回目)
・新郎

【EP-FINAL】
衝撃のFINAL!
っていうか、ほんとうに衝撃でしたよ。濃ゆいながらも愛すべきネオ歌舞伎町の面々が、あっさりバッサリ殺されていくのは、ただただ悲しかった。それだけ豪山の悪っぷりが際だつってことなんでしょうが、深夜枠でしかできないバイオレンスぶりでした。
アクションはさすがに最後だけあって、生身アクションやらダブル変身やら見所たっぷり。でもねぇ、やっぱり最後の錠さんのダイナマイト特攻はねぇ… 

個人的には、最後はライオン丸とタイガージョーが力を合わせて豪山を倒してENDの方が、エンターテイメントとして正解だったと思うんだが、あの監督がそう持って行くとは思えないんで、そういう意味ではらしい最後だったのかな。結局のところ、獅子丸は好きになった人たちを守りきることができなかったワケで、その後、どうやってネオ歌舞伎町で生きていったかが気になるところではある。

と、ここまで書いてふと思ったのが、ライオン丸Gのラストって、必殺からくり人っぽいなと。あの作品も笑いの要素を含みつつ、救いの無い話が多くて、しかも最後は仲間がほぼ全滅。もっとも、獅子丸が生き残ったのは、必殺必中仕事屋稼業の半兵衛さんっぽいか。そう考えると、ライオン丸Gのラストも、ヒーローになりきれなかった男の物語として考えればアリなのかなと。

まあ最後はいくぶんスッキリしない感はあったものの、全体としては初回からずっと楽しめたし、今期では一番楽しめた番組だったしな。ラストのサオリちゃんで、錠さんも童貞のまま死んでないことも分かったしw
結局、オンナは強いってことですかね。


つうことで、今年の更新はこれにて!

ライオン丸G公式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

最後の聖夜

今日、鹿島鉄道の廃止が確定したらしい。廃止申請が提出されて以降、地元の市民団体の活動も、企業側の思惑を買えることは敵わなかった。

mixiのコミュにあった書き込みで廃止確定を知ってから、ふと鹿島鉄道でやっているイルミネーションのことを思い出し、明日は仕事だっつうのに出かけていった。アホですな。

とはいえ沿線住民でもないので、なかなか乗車する機会もない俺ができることといえば、鹿島鉄道が存在した証しを残すことくらいしかできないわけで。石岡駅だけは常磐線ホームからでないと撮れなかったので、しれ以外は一通り行ってきました。おそらく今日までであろう、鹿島鉄道の最後イルミネーションをどうぞ。

20061224_minamidai
石岡南台駅

20061224_ogawa
常陸小川駅

20061224_tamatsukuri
玉造町駅

20061224_hokota
鉾田駅

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.12.24

こやつめハハハ

ネットで拾いますた。
http://members.at.infoseek.co.jp/lamecube/flash/koyatsume.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.10

秋の残り香

カッコつけて恥ずかしいタイトルにしてみたけど、マイフォトの秋の写真に15枚追加。今回はリバーサルで撮影したものをキタムラでCD-ROMにしたのを加工したヤツっす。ここんとこ300万画素程度のデジカメばっかりだったから、久しぶりのフィルムは解像度も段違いだし、やっぱ綺麗ですな。でも1コマ84円はけっこう高い。フィルム3本から80コマほど取り込んだら6000円オーバー。(;´Д`)

K10Dは品薄らしいし、先にフィルムスキャナ導入すっかな…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.03

おとり

おとり

本物はこっちだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

ライオン丸G EP-8 & EP-9

気が付いたら2週間溜まっちゃったYO! ということで、駆け足だけどEP-8とEP-9の感想をまとめて。

獅子丸ちゃん
ネオ歌舞伎町から横浜まで足を伸ばしたからって、騙されてもしっかりタンパク質を出したり、昼間っから元気だなぁw そして出したタンパク質はちゃんと補充する主義ですかw
しかし、エロガッパでピンクの電話のよっちゃんが出てくるとは予想の斜め上だが、リアルでいそうなのがさらに怖いw
今回も自分の意志で変身したり、果心居士の狙い通りに少しずつ目覚めてきているのか?それにしても変身後のアクションは相変わらずすげーぜ!これで毎週ちゃんとやってくれてたら牙狼にも負けないのだが、それだけが残念。

錠さん
相変わらずムッツリしてておっかねーけど、今回はゆりを殺したように見せかけつつ実は生かしてたり、ちょこっと優しい一面をちらっと覗かせて高感度UP。アクションは変身しても素面でもすげーぜ!

ああっジュニアさまっ
・ゴスロリ?(本格的になってきたでしょ?)
・マタドール(それいいな。牛みたいだな。)
EP-8はコスプレ2つ、EP-9では出番すら無し。(´・ω・`)
だんだん出番が減っていって寂しい限り。まあ出てくれば一発で全部もっていっちゃうけどw
次回は楽しませてくれるかなぁ?

サオリちゃん&コスK
サオリちゃんは、頭の栄養がおっぱいに行っちゃってるってこと自覚してたのね。でも、何事もおっぱい頼みはいかがなものかと。いや確かに有効な武器だけどもさw
コスKのお面はタケちゃんマンを思い出したw

マスター&ゆり
マスターが喋った!と思ったら衝撃の過去が! それにしても、仕事人エレキテルとか、腐ったミカンとか、スイートスポットでツボを突いてくるなぁw
ゆりは結局のところ何者だったのだろうか?つうか、あの目からビームは先天的なものなのか後天的なものなのかも分からず仕舞い。最後も記憶喪失になったかと思ったら演技かよ!って謎多すぎだなぁ。
いずれにしても、二人とも生き残って良かった。ゆりは再登場があるのか?でも残り話数から考えたら難しそうだな。


つうことで、さぁて次回のライオン丸Gは、
…変身しないんだろうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

【訃報】実相寺昭雄さん、宮内国郎さん

「ウルトラマン」シリーズ演出、実相寺昭雄さん死去
<訃報>宮内国郎さん74歳=「ウルトラマン」などの作曲家

実相寺監督の作品は、テレビでは去年のウルトラマンマックスが、映画は公開予定のシルバー假面が最後となりました。独特の演出やカメラワークは独創的で、一目で実相寺作品と分かりました。まだまだ元気だと思っていたら、胃癌を患っておられたのですね。宮内さんは、正直名前はピンときませんでしたが、関係したその作品を見ると、そうそうたる物があります。お二人とも、ウルトラシリーズ立ち上げには欠かせない方々でした。
それにしても、今年は特撮関係の訃報が続きますねえ。寂しい限りです。

謹んでお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »