« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.29

夜間運転

つうことで、毎年恒例の真岡鐵道の夜間運転の撮影に行ってきた。そういや去年は乗り鉄したんだったっけ。新しいカーオーディオを買ったりヤフオクで落としたカーナビをいじったりしてたら出発が遅くなり、茂木に着いたのは夜7時頃になってしまった。町中はお祭りですでに交通規制になっていたので、いつもの夏祭り用の駐車場へ回ったら、そっちも満車で停められなかった。仕方がないので道の駅もてぎに車を停めて、そこから駅まで歩くことに。遠くなったかなぁと思ってたけど、後で調べたら夏祭りの駐車場に停めたのとたいして変わらなかった。まあ歩いたって言っても10分足らずだったし。ただ、お祭り気分を味わえなかったのがちと寂しかった。そっちは来週の黄門まつりで満喫するか。

久しぶりの花火だったのに、遅く行ったので場所もいまいちだったり、リモートケーブルも家に忘れたりで、撮影に気合いが入ってないのは相変わらず。昔は4時間前に現地入りしてたのにねぇ。今日はどっちかっつうと、Z-1のリハビリってって感じだったし。

まあ昔みたいな情熱はないけど、それでもボチボチ続けていく所存。

20060729
本日の釣果。クリックすると大きくなりまつ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.27

オオアリクイは蟻塚の夢を見るか?

うわー、昨日のこんなにコメントがつくなんてw
タイトルを見て脊椎反射でブログに書いただけなのに、さすがにこれは、みなさんインパクトがあったようで。

しかし、やじうまWatchでも載っている所を見ると、実際かなりの人のところに届いているんでしょうなぁ。試しに「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。」でググッてみたけど、ダイレクトに引っかかったサイトは無し。でもYahoo!で検索したら、なんと上から4番目ですYO! もしアクセス解析してたら、けっこう見に来た人も多かったのかねぇ?

ちなみに、めたるまんさんがスパムの本文をちらりと紹介してくれていますが、オオアリクイはシンガポールではなく、中南米に生息しているので念のため。

で、オオアリクイがどうやって人を殺すのか?ということに興味をそそられる方もいると思うが、当然ワタクシもそのひとり。特撮怪人系でなんかあったろか?と調べてみたら、いました! 未確認生命体16号ことアリクイ種怪人「メ・アグリ・ダ」。仮面ライダークウガの怪人だが、設定のみの登場なので画像なし!残念!(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.25

主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。

何の事やら分からない本日のタイトルは、今日届いていたスパムの題名からw

今までもいろんなスパムが届いていたけど、ここまでぶっ飛んだというか、意味不明なタイトルはさすがに無かった。肝心のスパムの中身は割と普通な内容だったので割愛するが、どうやったらこんな愉快なタイトルをスパムにつけるのか、いっぺん書いた本人に会って話をしてみたい! つうか、コサキンリスナーでも、こんなタイトルは考えつかないだろうなぁ。

まあ、コサキンはコサキンで路線がちょっと違うんだけどさw

Oo
コイツがいったいどうやって人を殺すのかとw

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.07.23

アイス〜

アイス〜

久しぶりに真岡鐵道へ重連の撮影に来た。昼飯のために茂木の道の駅に来たら、高校の後輩T君と遭遇したので、一緒にランチ。デザートにアイスも食す。いつの間にか種類が増えていた。写真の「まるごとブルーベリー」ってやつを食べたけど美味かった。
他にも「ずんだ」「しお」というのがあったけど、「しお」が激しく気になる。来週また来たときに食べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

ハウルの動く城

昨日に続いて、残業してたら見そびれますた。
まあ、いざとなったらレンタルすりゃいいんで、昨日ほど残念感は無いけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.21

しまった!

残業してたらダウンタウンDXを見逃した!
今日は関根親娘の共演だったのに、録画しとくのも忘れたよ。

ようつべ待ちするしかないか。。。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

ガチャピンケータイ

Si_gachap

こーゆーのが出るらしい。おもしれーw
つうか、ホントはケータイに貼り付けるシールだけなんだけど。
大人の本気も見せてもらったって感じ。(・∀・)

【関連記事】
ケータイWatch
705Tユーザーに「ガチャピン変身キット」プレゼント

ITmedia +D
“ガチャピン”ケータイ誕生
ふとひらめいたガチャピンの“出っ歯”から
「ガチャピン」が「ボーダフォン渋谷」の1日店長に

…ITmediaってこういう記事が好きだなぁw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.17

鹿島鉄道

鹿島鉄道

これから発乗車っす!

【追記】
つうことで、せっかくの連休をどこにも出かけずに終わらせるのもシャクなので、半ば衝動的に鹿島鉄道まで乗り鉄してきました。鉾田駅の無料駐車場に車を置いて、純粋に鹿島鉄道を乗車するのみ!

060717_1

ヘッドマークっつうか、なんかお面みたいなのが付いているなぁと思ったら、厄よけ列車の天狗の面だったようですな。雨天にも関わらず、鉾田駅には撮り鉄の人が何人かいたので、もしかしたらコレを撮りに来てたのか?

060717_2

今回利用した一日フリーきっぷ。鉾田-石岡の片道乗車券が1080円なので、ほぼ半額。つうか、これがあるから乗り鉄する気になりますw

060717_3

060717_4

060717_5

060717_6

石岡駅にて停車中の様子。本日、旧車はいずれも動いていなかった模様。
乗車して改めて分かったんだけど、鹿島鉄道の沿線は思ったよりも切り通しの区間が長くて、撮影しようと思ったら、結局のところ有名撮影地にほぼ限られてしまう。だから、新たな撮影地の開拓をするよりも、無難にお約束のポイントで狙うのが吉ですな。

おまけ情報:みんなでカシノリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.05

<王監督>緊急記者会見

報道ステーションを見ていたら、突然、王監督の緊急記者会見が始まるというニュースが流れた。深夜に、しかも進退に関わることらしいということだったので、もしかして癌でも見つかったかと、いやーな予感がした。そしたら、検査で胃に腫瘍が見つかって、急遽、手術をすることになり、ホークスの指揮を離れるという会見だった。
この腫瘍って、ぶっちゃけ癌だよなぁ。

俺なんかは、王さんの756号を見ていた世代なので、野球界のスターといえば長嶋さんよりも王さんなのだ。そしてうちの親父は王さんと同い年で、叔父さんが今年、胃ガンで亡くなっている。なんか、すごく身につまされる思いなんだよな。そういえば、王監督の奥さんも、確か癌で亡くなったはず。

昔に比べれば、癌も治りやすくなったとは言え、難しい病気であることに変わりはない。WBC優勝が最後の花道だったなんてことは言わず、せめて3年越しのホークス日本一達成を叶えてもらいたい。今はただ、無事に復帰できることを祈るのみだ。

王監督休養の記事はこちら

【7/18追記】
王監督、胃がんの手術成功=病室を歩くなど術後経過順調-医師団が会見

…案の定とは言え、早期発見で無事、手術が成功してホッとしましたよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.01

全部お見通しだ!

今日は映画の日かつ土曜日ってことで、久しぶりに映画でも見んとす。4月の映画の日に有頂天ホテルを見たっきりだったんで、だったんで、3ヶ月ぶりですよ。

んで、今、何がやってるのかと調べてみたけど、見たいと思ったのはTRICK劇場版2しかなかった。他にもあれば、映画のハシゴしたんだけどね。つうことで、ターゲットはTRICKで決定。

午前中は病院へ行ってきて、帰りの電車が水戸駅に着いたのは14時38分。最初は一度、家に帰ってから、TOHOシネマズ水戸内原に行くつもりだったが、駅前に水戸テアトル西友があったのを思い出し、上映時間を調べたら、10分も待たずに見られるらしい。そこで予定を変更して、そのままテアトル西友で見ることにした。

1000円でチケットを買って中にはいると、やたらと中高生が目に付いた。前回の劇場版はテレビでしか見てないので、どれくらいの層に人気があるのか知らなかったけど、けっこうティーンにも人気あったのね。でも、第1作目がテレビで放映された時は、絶対こいつら小学生だったよな~、とか思ってしまうのは、オジサンの証拠ですな。いずれにしても、自分の好きな作品に人気があることは良いことだ。うむ。

映画の感想は省略するが、ゆる~い雰囲気とお約束の小ネタ満載なのは、相変わらず面白い。でも、この映画館にいる高校生にゃ分からないと思われるのも多すぎ。

あと、CMではマトリックスっぽい映像もあったけど、本当に驚いたのはその後の或る映像だったな。つうかヒキョー(笑) いいのか?東宝でテレ朝制作なのに、悪○の実とか、○映&フ○テレビの作品をネタに使って(笑)

これで矢部と山田&上田と絡みがあればベストだったのだが、ラストのシーンは先週テレビで見た、劇場版1作目そっくりなのが、なんともはや(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »