« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.29

帰ってきたZ-1

オーバーホール修理に出していた愛機:PENTAX Z-1が帰ってきた。

ここしばらく出番が激減し、去年は一度も使わずじまいだったせいか、巻き上げが出来なくなっていた。このままにしてもいいかなーと思っていたけど、来月、高校の同級生の結婚式があるので、気合いを入れて撮影するにはやっぱりこいつが必要ってことで修理に出した。

見積もりとったら、最初に予想してた額よりずっと高かったけど、大学時代にPENTAX主催の発売記念撮影会で試用してハイパーP/Mの操作性に惚れ込み、卒業して社会人になった記念に初任給で買った思い入れがあるんでね。手放すことは出来ませんでしたョ。

戻ってきた時についてきた納品書に書いてあった不良診断箇所は、

■ 下カバー部割れ
■ 巻き上げ部作動不良
■ 接岸レンズ部キズ
■ オートフォーカス部ピント不良
■ オート部露出オーバー
■ データ部点灯不良
■ ボディー部オーバーホール
■ バック部寸法部寸法不良

とまあ、かなりの部分。特にオートフォーカスとかオート露出も悪かったとは思ってなかった。いや、オートフォーカス部は70-210mmを付けたときに、AFが作動しないときもあったから、その傾向はあったか。
ちなみに交換になった部品は以下の通り。

■ ボディーマウント
■ モーター
■ 止めビス
■ 電池
■ ファインダーレンズ
■ 外観部品

なんか、けっこう大ごとっすな。おかげで見た目もピッカピカになりますた。秋に発売される*ist-Dの後継機も気になるけど、やっぱりフィルムカメラも捨てがたいので、PENTAX LXともどもヨロシク頼むぜぃ。

…フィルムスキャナー欲しいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

車丹波守

栗田緑園を出てさらに住宅地の中を歩いていたら、「車丹波守憤恨の地」と書いてある碑を見つけた。場所はこのへん。碑の横に解説が書いてあった。戦国時代、佐竹氏の武将で車丹波守というのが、佐竹氏の秋田移封に抵抗して水戸城を奪還しようとしかけたものの失敗し、ここで処刑されたらしい。

実は池波正太郎の時代劇小説をいくつか読んでから、自分でもそういうのを書いてみたいと密かに思っていた。それもできれば地元にちなんだものを。それにはメジャーな水戸徳川家じゃなくてマイナーな佐竹氏がらみがいいなーと思っていたので、車丹波守の存在を知って、なんか構想が急に具体的になった感じ。

帰ってきてネットで調べてみたら、ここのページにいろいろ詳しく載っていた。いわゆる猛将って感じの人物だったらしい。なんかね、ここらへんだけでネタにはもってこいって感じ。ここはひとつ、いろいろ情報を集めて整理してみようと思った次第。

石碑ひとつでいろいろと妄想が膨らんでしまった。うはー夢が広がりんぐw

Ca250163

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩こう歩こう

天気はイマイチだったけど、久しぶりにウォーキングをしたいなーと思ったので、近所を歩いてみんとす。一応ジャージで出かけたけど、運動っぽいウォーキングじゃなくて散策って方がピッタリくる感じ。運動はやっぱダメだわ俺。散策ならいくらでも歩けそうだけど。

で、歩いてきたのは、先日公園っぽいところを見つけて気になってたところ。行ってみたら栗田緑園という公園だった。場所はここ。15年ほど前に栗田さんという人が市に土地を寄贈して公園になったらしい。相続税対策かもしれんが、がけ地なので宅地や商業地にもしにくく、所有していてもあんまりメリットはなさそうだしな。

とはいえ、住宅地に広い緑地があるのは気持ちがよい。高低差があるので崖上に登れば見晴らしは良さそうなのだが、木が多いのであまりよく見えず。でも歩いてみると、水戸の中心地はあちこちが台地状になっている地形というのががよく分かり、なんとなく伊能忠敬の気分。

Ca250162
曇ってたから葉の緑がいまいち再現されず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.24

闇と光と

金曜日のデジカメWatchの記事で、地元の水戸芸術館で面白そうな写真展をやっているのを知ったので行ってみた。つうかホントは昨日も来たんだけど、イマイチやってるんだかどうだか分からなかったので、改めて調べてから再度来たというワケで。

で、目当ての写真展を見るためには、メインの展示を見なくちゃならないっぽかったので見てみた。その展示っちゅうのが『人間の未来へ -- ダークサイドからの逃走』展とやら。戦争ネタの作品展なんで、重そうでちょっとヤだなぁと思ったけど、せっかくなので見ましたョ。

そんで見た感想としては、予想通りドヨーンと重い内容だったけど、それなりの価値はあったかなと。個人的には橋本 公氏の作品が一番印象的だった。それは過去に地球上で起きた核爆発を1ヶ月を1秒の早さで世界地図上に表示しているもの。作品というよりは記録に近いけど、事実ってのは何よりも説得力あるからな。

しかし、50年足らずのうちに2000回以上も核爆発が起きてるってのはどうよ?しかもその半分以上はアメリカが行った核実験によるもの。東西冷戦時代の米ソ核実験競争の時なんて、なんじゃこりゃって思うくらい爆発しまくりですよ。

実際には米ソ以外にも、英仏中印パの5カ国も核実験をやっているわけで、見ているうちに高校時代に勉強した世界史を思い出した。当時の世界情勢とかね。ついでに言えば、それは今にも繋がっているワケなのだが。とにかく、いろいろ考えさせられますよ。中高生くらいの青少年にも見てもらいたいけど、親とか先生とか質問されたら説明するの大変だろうな。

ついでに世界地図を見て思ったこと。日本は島国で小さいと言われているけど、思っているよりは大きいぞ。これを自力で走破した俺ってやっぱすげえ!?(笑)

さてやっと本来の目的であるクオリテム67。現実の風景を模型っぽく撮るという技法は、初めて見たけど面白い。昔はNゲージでレイアウトを作っていたので、こういう雰囲気の写真が好きだったのもあるけど。それでも見ているだけで、なんかこうワクワクするんだよね。今度は鉄道写真でチャレンジして欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.21

37th

日付が変わって、どうやら今日でまた40歳に一歩近づいたらしい。
ついでに「もはやこれまで」も今日で8周年らしい。末広がりだね!

ホントは8周年に合わせてリニューアルとかやりたかったんだけど、先週末は休みが無いに等しい状態だったし、今週は今週で毎日午前様だし。んな感じなのでリニューアルはできず。

でも会社のホームページを作ったりして新しい技も身につけたんで、近いうちにやるっすよ。田植が終わったらね。

てな感じで今年もロクな一日にはなりそうもない。でもいいんです。今夜は会社の飲み会だってあるし、それに女神さまで17歳と能登の声も聞けたし。。。

………

あれ?何だろう?女神さまを見てたら視界が霞んできたよ。
くそう、蛍一め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

兼業農家ブログ? その1

まいど。今回は長文。

今日は野良仕事があるって言うんで、昨日は叔父さんの四十九日から帰ってきて、また実家に泊まり。んで、朝っぱらから軽めの肉体労働に勤しんできましたョ。

なんだかんだで10年くらい実家の田植やら稲刈りやらの手伝いはしているのだが、なにしろ1年に1回しか機会が無いんで、それなりに作業の経験はあるんだけどあんまし覚えきらないんですよ。そんで今年はブログを使ってぼちぼちと記録してみる所存。あくまでも自分のためのメモ程度っつうことで。

まずは苗箱出し。発芽した苗籾の苗箱を並び替えて、ここから田植できる苗の状態にまで伸ばす。

0604161

苗箱は2×4の8箱ごとに板で仕切って、板の上におだ足の棒を乗せる。これを後からかけるシートの骨にする。今年は減反無しのため作付けが増えるので、苗箱がうまく並びきれなかったので、少々無理矢理に並べた。全部で90箱くらいらしい。

0604162

並べ終わってシートを被せた状態がこれ。この上から水を撒いて、稲を湿気ムンムンの状態におく。ビニールハウス内の地面にもビニールシートを敷いているが、苗の上にかぶせるシートはビニールじゃなくて、発砲スチロールっぽい材質。多少、通気性があるようになっているのか?

0604163

ちなみにシートの下はこんな感じ。苗に新聞紙を被せてある。これは水を撒いたときに新聞紙が水を吸って、保湿性が高くなるためと思われ。ここまでして、やっと苗が育ちやすい環境になるんだろうな。さすが熱帯性植物。

0604164

苗箱によっては、発芽状況が不均一になっているものもある。そういったのはこうして別に集めて縦積みにする。苗箱は2段ごとに木の棒きれを挟んでおく。通気性確保のためかな?

0604165

縦積みした苗箱に、さらに黒いシートをかぶせる。こうすることで発芽を促進するっぽい。もやしと同じ原理なのか?ちなみに、並び替えた苗箱も、その前はこれと同じように縦積みして黒いシートを被せておく。

苗箱は田植機で植えるときに、均一に苗が伸びていないと植え方にムラができるのでよろしくない。苗も均一に植えないと後で植え足したり修正するのが面倒だし、そのままでは稲が実って刈り取るときにも影響が出る。

そんな感じで苗箱出しは午前中で終了。あとは田植まで水をやりながら、苗の生長を管理する。
午後からは田んぼに出て肥やし振り。これをやらないと、植えてから苗がうまく生長しないらしい。基本的には手作業で、肩ひも付きの桶に肥料を入れて田んぼに撒いて歩く。

0604166

桶の中。1袋30kgの肥料で桶2杯分なので、1回分は15kgってことか。

0604167

トラクターでならした畝2本分でだいたい桶1箱くらいを撒く。幅は約2mくらいか。1町歩を2袋くらいのペースで使い、今年は田んぼ3カ所で6袋+2袋+4袋半を使った。1時過ぎから始めて4時過ぎまでかかって、親父殿と二人がかりで一気にやってしまった。

さて次は2週間後にトラクターで代掻きか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

北真岡ー西田井

北真岡ー西田井

真岡の桜もちょーおキレイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.08

消臭剤

060408_00420001
なんかエロいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

旧県庁のお堀にて

旧県庁のお堀にて

水戸の桜も開花してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月バカァ?

今年はネタを何にも考えていないので、代わりに拾い物をいくつか。
エイプリルフールとは関係ないのもあるでよ。

イリプレス うおっち
毎年4月1日0:00きっかりに更新されるお約束ネタ。
いもうとデスクトップ欲しいが実妹がいるので使用権限がなかとです。
ホルエメールはタイムリーすぎ。つかソフトの制作者ヤバス。

マトリックスリローデット
100人ルイージがスゴス。

4歳児のブログ
2歳の時からヲチしてますが、4歳になった頃から急激に文章が上達してます。
”qあwせdrftgyふじこ”発祥は実はここからというウワサも。
眼鏡っこ萌え。

やわらか戦線異状なし
先日、国営放送デビューも果たした人気急上昇中のFlashアニメ。
放送を知ったのは当日の帰宅後ですた。orz
くわがたツマミや本家のウェブテントもよろすこ。

2ちゃんねる
今年のネタは分かりやすいのか分かりにくいのか。

ゴルゴ31
もうめんどくさくなってきたので、残りのエイプリルフールネタはこっちで見てくださいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »