« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.26

今週のトクサツ(2月第4週)

ここんとこ毎週感想を書いているので、調子に乗ってまた書いてみんとす。ただタイトルが分かりにくくなってきたので、ちょびっと変えてみた。
ほんじゃ今週も逝ってみるっす。

牙狼(GARO)
今週のゲストは根岸季衣。でもタム婆の汚れメイクであんまり分からなかった。鋼牙のツンデレもいよいよデレ期に突入か。でもストレートに熱い演出はええですのう。零とも共闘フラグが立ったので、これからV3とライダーマンみたいな感じでいくと面白いのだが。いや、銀牙はライダーマンよりはずっと強いから、この例えは失礼か。いずれにしてもどんなアクションシーンになるのか楽しみである。そして来週のゲストは森本レオ。こっちにも期待。

ウルトラマンマックス
なんかウルトラマンコスモスっぽい話だったなあ。誰の脚本かと思ったら藤川桂介だった。もともとマックスは往年のスタッフが参加するのも目玉の一つだったけど、また懐かしい人が出てきたもんだ。でも、これで3週連続で怪獣が倒されないので、そろそろそっち系の話もみたいところ。あと一ヶ月で終わっちゃうしね。
と思ったら来週はレッドキング再登場ですか。

超星艦隊セイザーX
一週間のご無沙汰。といっても今日は休日編。そしてなぜか木村和志がゲスト。小さいお友達サービスなのかもしれんが、木村和志って今どきの子供にとって、どれくらいのヒーローなんだろう?むしろ大きいお友達の方が興奮してるのうな気もするけど。

んで、本編。初の私服姿のレミーはかわいいな。慣れないスカートで「スースーする」とかいうセリフももろ狙い撃ちだけどイイ。かわいいと言えば、アイン・ツバインも見かけはゴツいのに声だけであんなにかわいくなってしまうとは恐ろしい子。そしてチーム鷲戦艦は、艦長・副官ともやはり最強のキャラですな。パワーもお笑いも。

一方のネオデスカルさんも、今まで影の薄かったジャッカルさんにもスポットが当たったと思ったら、いい人っぽい部分が出てきて、こりゃまた倒されるのは惜しい感じになってきた。というか和解するのかなぁ?まあ今までの超星神シリーズは、ライバルは誰も死んでないから、最初から割と安心してたけど。いっそ敵幹部が誰も倒されずに終わる神エンディングを見てみたい。

轟轟戦隊ボウケンジャー
ピンクは素直クールというか委員長キャラなのね。うむ、イイヨイイヨー。ガジャ様も「カラフルな奴に奪われた」とか、シリアス口調なのにセリフが微妙におかしいところが、さすが大高洋夫。今作は敵も味方もコメディタッチな部分が少なそうだから、アドリブとかでこの路線を続けてくれると嬉しい。ついでにボウケンジャー側の斉木しげる名人にも、アドリブをかましてもらいたいところ。そして今回から登場のリュウオーン様。声の人は金八先生の乾先生だけど、重厚でいい声してますな。気に入りました。調べたら声優のキャリアもけっこう長いのね。中の人は日下さんだろうか?それとも次郎さん?そして来週の敵は現役グラドルの山崎真実ですか。新体操やってたそうなので、アクションも期待できそうですな。蹴り技とか。それにしても今年は敵側が魅力的だなぁ。

と、肝心の主役さん達。演技やアフレコがまだアレなのは仕方ないとして、なんかこう乗り切れないというか、勢いが足らない気がする。これは出演者じゃなくて、脚本とか演出の方の責任なんだけど。なんでだろう?と思ったら、今年は熱いキャラがいないのだ。今回はみんなプロで、確実にミッションをこなすスタイルなせいもあるんだろう。特に前作は赤と緑、前々作は赤とピンクと、二人も熱血系がいた分、今年がすごくおとなしく見える。レッドは一応、熱き冒険者と名乗ってるけど見た目感じは熱く無いし。7月には6人目が登場するんだろうけど、できれば6人目は熱血系の新人とかにして欲しいな。
とりあえずガンガレ、ボウボウ戦隊!

仮面ライダーカブト
黒岩都知事キター!いや、若い人にはファイズの南か。そして今回の役名は東。前回登場に続き、今回も胡散臭いキャラだけど。
そして本田博太郎キター!思ったほど濃いキャラになってなかったけど、いるだけで存在感が違う。この二人が絡むシーンを見たいけどあるかな?一応、上司と部下の関係なので、二人が揃うシーンがあってもいいはずだけど。
関係ないけど、本田博太郎って水戸の出身だったのね。初めて知りました。

本編の方は、先週みたいに泣けるとか燃えるとかいったことは無いものの、安定して面白いっす。ただ、バトルシーンで屋上に不自然な車があったのはちょっとねえ。オジサンは一目で「切られ車」って分かっちゃいましたよ。まあ細かい話ですがね。エクステンダーで走りながら変身とか、攻撃しながら一つずつボタンを押してライダーキックとかは格好良かったっす。
とにかく、今回は濃い俳優さんが二人も出たので、それだけでお腹いっぱいって感じ。嗚呼、田所チーフの人もけっこう濃い俳優さんだったっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.24

仮想と現実

asahi.comを見てたら、こんな記事を見つけた。

カシオペア・向谷さん制作、列車運転ソフトを東急が採用

向谷実といえばカシオペアのキーボード担当として有名だが、俺的にはどうみてもタモリ倶楽部の鉄道ネタの時のゲストのイメージが強いわけで。しかも、ちょうど先週のタモリ倶楽部で出てきたばかりだったんで、この記事を見たときは「おおっ!」と思ってしまった。鉄ヲタが高じて、立ち上げた会社Train Simulatorのゲームまで作ってしまうような御仁なので、今回のことはさぞかし鉄ヲタ冥利につきるのではないかと。体験ゲームが本職に認められるんだもんなぁ。

で、いろいろ調べてたら、今日はMobile Train Simulator 京成・都営浅草・京急線の発売日だったらしい。プロモムービーを見たら思わずPSPが欲しくなってしまった(笑)。つかTrain Simulatorやってみてー!と思ったら実はもう持ってました、南部縦貫鉄道編。廃止直後に買ったからもう8年前になるのか。まだ未開封だけどな。そういや買ったのはドンキになる前のT-ZONEだったっけ・・・

jacket
好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

サヨナラ?

今日フラれちゃいました。(ノ´∀`)
というのはどうでもよくて、地元の鹿島鉄道がいよいよ本格的にヤバいらしい

数年前に百里基地の燃料輸送が終わってから一気に経営が危なくなっていたが、対策協議会が開かれながらも地元の協力でなんとか運営してきた。でも去年開業したTXのおかげで、親会社である関東鉄道の経営が苦しくなり、来年度いっぱいで財政支援を打ち切るとのこと。そりゃそうだよな。一度乗ったけど、TXは早くて安くて快適だもの。

去年、廃止された日立電鉄も記憶に新しいが、鹿島鉄道もおそらく少子化による通学客の減少の影響は大きいんだろうな。悲しいけれど、これも時代の流れか。俺も少子化対策には協力したいんだけどねぇ。(;´∀`)

車では何度も行ってるけどまだ未乗だったし、今年はひとつ、鹿島鉄道イヤーにしてみますかねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.19

今週のトクサツ

牙狼(GARO)
邪美エロス&南無。ゲストキャラの宿命でお亡くなりになってしまいますた。ちょっともったいなかったなぁ。そしてホラー喰いの魔戒騎士登場で、牙狼と銀牙の共闘フラグは立つのか?燃える展開希望!
しかし相変わらずアクション&CGすげー。アメリカに持ってったら売れると思うんだけどなー。そして雨宮監督にガッポリ儲けてもらって、次回作の資金にして欲しい!

ウルトラマンマックス
これはいったい、どこの星雲仮面マシンマンですか?
ダークバルタンが銅鐸の音でおとなしくなったり、カタルシスウェーブで改心しちゃうってのもねー。しかも何故かイケメンの人間になっちゃうし。唐突に登場したイデ隊員ダテ博士の「こんなこともあろうかとメカ」のもクルル曹長並みに便利だよなー。って、あっちがパロディだっけ。
まあ、今時はファンタジーな終わり方になっちゃうのも仕方ないのかもしれないけど、オジサン的には初代バルタン星人の侵略者イメージが強すぎるんで、バッサリ倒してくれた方がスッキリしたんだけどな。あとラストシーンの人類の文明批判(?)っぽい映像もなんか中途半端に思えた。
あ、タイニータンとスペルゲン反射鏡とおおとりゲン駐在のレオリングは良かったと思います。

轟轟戦隊ボウケンジャー
これはいったい、どこのインディージョーンズですか?
記念すべき戦隊シリーズ30作目の第1回。去年までの塚田Pから日笠Pになったのは不安要素だったが、初回としてはそれなりに面白かったかな。日笠Pでもハリケンみたいに脚本家がしっかりまとめてくれると面白くなるんで、今後はハガレンの會川昇に頑張ってもらおう。いきなり遺跡を壊しちゃったのはアレだけど(笑)。
今回は昭和の特撮をイメージしてるらしいんで、頼れるリーダーのレッドや初回からロボ登場ってのも久しぶり。そしてミニチュア合体燃え!佛田特技監督と特撮研究所はいい仕事してますな。ピッケルとスコップで戦うのは笑っちゃったけど。スーツのマスクについてるライトをちゃんと使っているのもツボ。それからパラシュートはもっと大きくしましょう。
あと2ちゃんねるでは天然電波系のイエローの人気が高そうだが、俺的には素直クールっぽいピンク押しで。スーアクさんは二人とも男だけどね。

仮面ライダーカブト
これはいったい、どこのマトリックスリローデットですか?
クロックアップの設定で雨中の戦闘シーンを撮りたかったが為の脚本っぽくもあったけど、見応えのあるシーンになってたっす。ドラマシーンといい先週の遊園地の戦闘といい、田村監督は東映系列じゃないのに上手いよなー。
んで、妹はちゃんと兄の性格を理解してたのね(笑)。加賀美との指切りのシーンは良かった。いい妹じゃないか。
歩道橋で天道と加賀美が殴り合うシーンもよかった。自分中心といっても自己中じゃなくて、人の気持ちも考えてることが分かって天道のいい人度もアップ。ちゃんと正統派のヒーローっぽくなってきたな。
どうでもいいが、たまにはゼクトルーパーさん達にもワームを倒させてあげてください。

おまけ
ふたりはプリキュア Sprash☆Star
某おともだちのリクエストで感想を(笑)。
といっても、このシリーズは俺的にイマイチ惹かれるものがないんで録画もしてないし、今日はたまたまリアルタイムでTVをつけてただけのレベルなんですがね。半分寝てたし。よって話の内容とかはほとんど覚えてません。シマソ(笑)。強いて感想を言うなら、主役2人の声は前シリーズの方が良かったかなぁと。
それから今日、気がついた事がひとつ。アクダイカーンの声は二代目バルイーグルって分かって驚きました。


さて、来週は放送休み明けのセイザーXだ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.14

2月14日

今日は煮干しの日らしいですぜ、奥さん。

誰か俺に煮干しプリーズ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.12

今週のトクサツ

今週末に放送された特撮番組の感想をば。

牙狼(GARO)
佐藤康恵がゲスト。筆&旗アクションおもしれー。そしてふとももハァハァ。つうか、この人ってこんなにアクションができたのね。ネクサスの副隊長の時は分からなかったけど、こんだけ足裁きできる人はいないよ。バレエやってたとかいう話なので、体が柔らかいんだろうな。来週も出るのか?再登場きぼん。

ウルトラマンマックス
まさかバルタン星人に萌える日が来るとは!そしてウルトラマンにボクっ子&魔女っ子が登場とは!その脚本を書いて監督までする飯島敏宏もすげー。実相寺昭雄と同じ年代なのに、なぜこうも感性が違うのか。ウルトラマンとバルタン星人の生みの親の一人なのにねぇ。もう最近の流行というかツボをうまく絡めてますよ。後編の来週も期待。

超星艦隊セイザーX
泣けた。マジで泣けた。相変わらずアクションもいいし、細かい笑いのポイントもあったけど、今回は全体的にハードでシリアスな話。でも熱くてホロリとさせて密度の濃い30分でした。一言コーナーもギャグ無しだったけど、今回はそれが逆に良かったよ。由衣ちゃんいい子だ。そしてジャッカルは空気化から復活できるのか?

魔法戦隊マジレンジャー
いよいよ最終回。兄弟一人一人にいいセリフがあったなー。それに翼が魁に向かって名前をちゃんと呼んだのは最初じゃないか?今まではずっと「こいつ」とか「おまえ」ばっかりだったし。個人的には去年の「相棒って言うな!」に匹敵するツボ。そして家族変身は今回最大の燃えポイント。8人そろってだと画面が狭くなっちゃうけど、それを補って余りある迫力。ン・マ様も満腹になってお亡くなりになったので、ある意味本望でしょう。スフィンクスやナイメアとか、死なすには惜しいキャラだったので、インフェルシアと和解して終わるってのも良かった。アフロくんも復活できたら言う事無しだったけど仕方ないか。曽我町子女王様も少ないシーンながら存在感あった。ご都合主義とか予定調和とか言われるかもしれないが、いい最終回でした。去年のデカレンもそうだったけど、一回も捨て回が無いくらい、一年間楽しかったっす。
それにしても、リアルタイムで見ようとしたらテレビの調子が悪くなって画面が映らなくなって、前半はラジオ状態(泣)。後半になって復活してよかったけど、さすがにだましだまし使うのも限界かなー。

仮面ライダーカブト
ウメコかわいいよウメコ。草加ヨンさまだよ草加。つか、せめて役名つけてあげてよ>友情出演
放送3回目だけど、だいぶ馴染んできた感じ。先週のクロックアップも良かったけど、今週はバトルシーンも長くて迫力あった。回し蹴りのライダーキックも初見は微妙だったけど、跳び蹴りみたいなパワフルさはないけど、居合い抜きと考えたらイイ感じに思えてきた。そういや、ギルスの踵落としも格好良かったよな。主役もだんだんいい人に見えてきたぞ(笑)。しかしファイズ以来、田村監督の回は外れが無いっすね。来週も田村監督なので面白そうだ。

今週はどれも大満足でしたYO!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.02.05

千波湖

久しぶりに来てみた。寒い!
060205_15100001.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »