« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.28

死ぬかと思った

いや別に死ぬ程でもないのだが。

ここ最近ずっと調子が悪かったウチのテレビ、今日になって画面が
ほとんど映らなくなってしまった。
正確には映ってるんだけど、ブラウン管のY軸方向のコイルがお亡くなりっぽくて、
横一線の光の帯が見えるだけ。
それまでも同じ現状は起きていたんだけど、電源を入れ直せば復活してたので
今回も同じようにやっても効果ナッシング。

あーこりゃ本格的にダメになったか。
でも早起きできたおかげでマジレンと響鬼が見られたのは救いだったな。
しかし録画した分の2回目の視聴が出来ないのも困る。
しばし諦めてテレビを消して、洗濯物を干しながらふと目に入った製造年は
91年7-12月だった。14年もたてば電解コンデンサも干上がってるし寿命だよな。

洗濯物も干し終わり、どこで買おうかと考えつつ、もしかして復活してないか?
と一縷の思いでテレビのスイッチを入れて見たらやっぱり減少は変わらず。
それでもひょっとしたらと思って、ある原始的な手法を取ってみた。そう、

テレビを叩く。

そしたらあっさり映りました。
斜め45°からチョップとかじゃなく、ホント軽く叩いただけなんですけどね。
つうことでテレビ買い替え計画は延期となりますたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

お見舞い申し上げます

今月の初めに潰瘍性大腸炎で緊急入院をした友人の見舞いに、つくばまで行ってきますた。病気のために何も食べられないので、お見舞いの品は暇つぶし用の雑誌とココロに潤いを与える書籍と、化学式ノートPCクーラーとか言うモノ。許可をとって自宅からノートPCを持ち込んだらしいのだが、ブログに熱暴走気味とあったので役に立つかなぁと昨日、秋葉原で見つけておいた。効果の程は不明だけど、調べたらケータイWatchでも取り上げられていたので、そこそこは使えるかも。使えなかったらゴメソ。

食事代わりの点滴をずっとしている姿はちょっと痛々しかったけど、顔色はさほど悪い感じもしなかったし、話をすればいつも通りだったのでちょいと安心したよ。それよりも入院中に伸ばしていたとおぼしきヒゲ面の方が、最初見た時は内心ビックリしたけど(笑)。でも先月会った時は俺の方がヒゲ面だったっけ。ハハハ。

ひとしきり話をして、日が沈む頃には病院を後にしてきた。病気自体は国指定の難病で厄介らしいけど、今は治療に専念して早く退院できることを祈るのみ。治ったらまた花園廻りをしようぜぃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.20

TX

8月24日開業のつくばエクスプレス秋葉原駅です。アキバに来たついでに様子を見て来ました。中はほぼ出来上がっていて、看板の取り付けをしてました。また改札前には、開業記念式典の準備がされてました。
開業記念の1日乗車券がを500円で売られてたけど、使える日にちが決まっていて、しかも平日なんで買いませんでした。
新しくできたJR秋葉原駅の中央口で降りたけど、この辺りもすっかり変わったなー。050820_16210001.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

止まった

月に一度の通院のため電車に乗っていたら、大津港駅を過ぎたあたりで電車がいきなり停車した。車内の電気が止まったので、また地震かと思ったけど、アナウンスで停電が発生したとのこと。空調も止まってヤバいなぁと思ったが、割とすぐに回復。その場に停車してたのは3分ほどだった。でもまたすぐに止まって、今度は停電の影響で非常ブレーキが作動したそうな。結局、勿来駅には6分遅れで到着した。いやーちょっと焦った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.11

片づける

昨日から会社がお盆休みになったので、昨日今日でいろいろと用事を片づけてきた。自動車税を納めて、修理に出していた腕時計と望遠レンズを修理から受け取ってきた。両方で3万弱かかってるのも結構バカにならん。郵便局でインターネット振込も申込用紙をもらってきたけど、これはまだ出してきていない。そして明日、納期のアルバイトも入力完了。もう一度くらい見直しておいた方がいいかもしれないが、気を付けて入力したし、とりあえず納入できる形になったから大丈夫かな。

それでもまだまだ残件があるな。と言っても修理関係ばかりだが。レガシィもエンジンをみてもらわにゃならんし、テレビもブラウン管の挙動が怪しくなっている。Z-1も巻き上げモーターから異音が出ている。つうか、どれも10年以上使ってるんだよな。車は修理するつもりだけど、テレビは買い替えだろうなぁ。薄型テレビとかまだいらんが、6年後にはアナログ放送終わっちゃうし。とりあえずギリギリまで使って、いよいよダメになったら安いの買ってしのぐか。カメラはLXの方をメインにして、来るべきist*Dの後継機に予算をつぎ込むことにしよう。

そういや一番重要な部屋の片づけが全然進んでねーや。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.03

見てきました

つうことでSTAR WARS エピソード3を会社の帰りに見てきました。水曜日の割引デーを利用したので入場料金は1000円。てか、ここで見る時は水曜日か1日ばっかりだ。

まだ上映中なので詳しくは書かないけど、前に何かで読んだ「パズルの最後のピースがはまった感じ」ってのが実に的を得た表現だと思った。劇場で見たのはエピソード6からだけど、テレビやらビデオやらで今までのシリーズは全て見てきたので、今作なんかは俺みたいなSTAR WARSファンとかマニアとかオタクとか、そういった人のための映画って感じですな。一見さんお断りというか。

もちろん映像を見るだけでも一見の価値有りとは思うけど、ストーリーの結末はすでに誰もが知っているし、しかもエピソード3はハッピーエンドじゃないんで、純粋なエンターテイメントとは言えないような。第一、楽しいシーンが無いもの。でも考えてみたら、STAR WARSのエピソード1から6までを通して見ても、楽しげなシーンって1のポッドレースと6のイウォークのシーンがあるくらいなんだよな。まあ”WARS”と名乗っているくらいだから、元々殺伐とした映画なのかもしれん。

とはいえ、俺はSTAR WARSシリーズが好きなんで、それなりに楽しめましたよ。予備知識も十分だったし、先のエピソードに続くシーンとかが出てきたら、それだけでニヤリって感じで。それに今思い返したら、映画のテーマとか鬼平犯科帳とも通じる部分があるな。ルーカスは黒沢映画好きだし、意外と奥が深いのかも。

ただ失敗したのが、映画を見ながらコーラを飲んでたせいで、開始1時間足らずでトイレに行きたくなったこと(笑)。映画も見逃したくなかったので、残りの時間はひたすら我慢してたせいで、心から映画を楽しんだ気にはなれなかったなぁ。それでも最後までなんとか保たせて事なきを得たけど、スタッフロールは最後まで見る主義だったのが、今回だけはそれを破らざるを得なかったよ。本日の教訓は、映画の前にはトイレ行っとけってことで。

そういえば、STAR WARSは一切スポンサーが無い、自主制作映画なんだそうな。さすがにエピソード4は違うだろうが、少なくとも1~3は全てルーカスの自己資金で作ったとか。しかもその資金はSTAR WARSのおもちゃとかキャラ関係の版権で稼ぎまくって作ったという話。だから全てファンの輪で閉じた世界で成り立ってるとも言える、究極の同人映画なワケだ。同人も行くとこまで行くとスゴイことになるもんですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »