« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.31

さらば我が故郷

あと1時間足らずで俺の故郷が地図の上から無くなります。いわゆる平成の大合併というヤツですな。いま住んでいる市に併合ってことで、実家が同じ市内になっちゃうわけで。

大学入学を期に実家を出たから、住民票はもう16年近く離れているけど。でも生まれ育った環境ってのは自分の中の原風景になってるんですよ。まあ実家が農業をやってたせいもあるかもしれないが、近くに田んぼがあった方がやっぱり落ち着くんですな。あと筑波山も必須。

そんなこんなで別にまるごと町が無くなるわけじゃないけど、なんとなく感傷的になっちゃいましたよ。
つうことで、さようなら内原町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.29

禁断の料理

夕べ新年会兼送別会から気持ちよく飲んで帰ってきたら、ちょうどタモリ倶楽部の始まる時間帯であった。ネタはどこでも居酒屋in豆腐屋ってことで、小芝居を入れる余裕もなく喜々として料理に没頭しているタモさんを見てた、らこっちも小腹がすいてきたので、最近お気に入りのニンニク粥を作ってみた。今回はおまけで鶏のささみも入れてみたらウマー。

とはいえ米1合分も作ってしまったので全部は食いきれず、残りは今朝の朝食となった。そのまま食べるのも芸が無いなーと思ったので、ふとおもいついた料理にチャレンジしてみることに。その料理の名はおかゆライス究極超人あ~るを読んだことのある人ならおなじみの料理だ。写真を撮った時のアクセントとして半熟卵をのせ醤油をたらしてみた。オリジナルのおかゆライスは普通に白粥とライスのみなので邪道と言われるかもしれないが、俺はあ~る君とは違って米以外も食べられるからアリってことで。欲を言えば福神漬けあたりが欲しかったが今回は無し。味はまあ普通に食べられましたよ。少なくとも闇カレーよりは美味しいかと。


050129
おかゆライスの完成です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.13

男のロマン

やじうまWatchを見ていたら「自爆ボタンDX」なるちょいとソソられる商品が紹介されていた。製品化のモチーフにタイムボカンのグロッキーを引き合いに出されていたが、ちょっと違うだろと思った。なぜなら、あれはこのボタンほどかっこよくないから(笑)。

つうかね、自爆というのは成原博士も言っているが古今東西、男のロマンなのですよ(笑)。といっても恐らく日本人特有の美意識かもしれないけど。それでもキーやらスイッチやらのついたゴツゴツした箱をカッコイイと思うのは、やはり俺がエンジニアだからか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.10

エマニュエル

近所のハードオフで店内をブラブラしていたら、籐でできたやたら背の高い椅子があったので、エマニュエル婦人に出てたヤツみたいだなぁと思ったら、値札のところに「エマニュエルチェアー」と書いてあった(笑)。

やっぱりなーと思ったけど、中古品なので値札は当然手書きであるからして、この名前って売り主がそう言って売ったのか、それとも見店側が名付けたのかがヒジョーに気になった。

ちなみに値段は3675円とお手頃ですたョ。果たして売れるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.04

肴は炙った烏賊でいい

つうことで実家から帰ってきたですよ。帰ってきてふと、年が明けてからお屠蘇以外の酒を飲んでいないことに気が付いたので、そう思ったらすげえ飲みたくなった。考えてみたら実家じゃ晩酌の習慣が無いうえに、飲酒運転取り締まりが厳しくなった昨今、正月とはいえお客にお酒を出すことも無くなったしな。

ビールを飲みながら年賀状の整理をしたのだが、パソコンでプリントしたやつでも一筆あるとやっぱり嬉しいものですな。俺が出した年賀状は時間が無かったのでどれもコメントは一切書けなかったけど、今度は多少遅くなってでも一筆書き加える所存ですので、今回は平にご容赦。

しかし今年の友人からの年賀状には、結婚しましたとか子供が生まれましたとか家を建てましたとか、そういった内容がなんか目に付いた気がする。そうでなくても子供の写真の年賀状は多いね。まあ自分の年齢を考えたら別に珍しくもないんだけど、なんか自宅でひとり酒を飲んでいる自分の姿と比較すると、無性に悲しくなりましたですョ。いえね、それなりに努力もしてるし可能性も無くは無いんだけど、こればっかりは相手がその気になってくれなくちゃどうにもなりませんから。残念。

嗚呼、筑波山神社のお神籤当たってくれんかねぇ。はぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

あけおめことよろ

つうことで謹賀新年

元日はここ十数年、大学のサークルOBと筑波山に登り、その後で筑波山神社で初詣をするのが恒例だったのだが、去年、その常連だった先輩方も結婚されたので、とうとう参加者は俺一人となってしまった。ショボーン。

それにしても昨日は水戸のあたりは雨で済んだのだが、むしろ南の方が雪がすごかったようだ。まさか筑波スカイラインで除雪車を見るとは思いも寄らなかったよ。さらに通行が無料になったとはいえ、雪が残っている道路をロードレーサーで走っている人を見たときにゃもっとビクーリしたけど。ただし筑波スカイラインが本当は通行止めだったのは厳重にナイショの方向で。

筑波山山頂へはロープウェイで登って、帰りは徒歩で下山というのが毎年の行程だったが、一人だけだし、さすがに今年は本気で遭難しそうだったので下りもロープウェイにした。そういやゴンドラも新しいのになってましたョ。

山頂で日の入りを見た後、筑波山神社へ向かおうと駐車場を出たら、少しいったところでビッグホーンがハザードを出して止まっていた。追い抜くときにちらっと見ると、一緒のグループと思われるカローラ2が側溝に脱輪していた。路面には雪が残っていたから滑ったんだろう。

なんとなく見過ごせなかったので、車を停めて側溝から脱出するのを手伝うことに。俺の車には牽引用のワイヤーが積みっぱなしなので、これを使ってうまく脱出することができた。ピアッツァに乗っていた頃から車には緊急用の道具を常備していたのが役に立ったよ。もっとも前はそれで助けてもらう方が多かったけど。

その後はやはり一人で筑波山神社へ初詣に行ってきた。正確には山頂の女体山本殿でもお参りしているので2度目だけど、どっちも同じ神社なのでヨシとしよう。今日はいつもより早い時間に行ったので、参詣まで15分くらい並んだが、その代わりにいつも締まっている露店が開いていたので、ちょっとしたお祭り気分も味わえた。

お参りした後はいつもお守りを買っていたのだが、今まであんまり御利益が無かったような気がしたので今回はパス。でもお神籤だけはやっぱり買った。結果は「大吉」。ここ数年は末吉とかよくて中吉ばかりだったんで、ちょっと嬉しくなった。大吉だけに書いてある内容もいいことばかりだし、普段はそのまま持ち帰ってくるお神籤も、調子に乗ってちゃんと神社へ結んできちゃいましたョ。マジで当たってくれないかねぇ。元日から人助けしてるし、きっといいことあるよね?

20050101
筑波山から富士山が見える初日の入り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »